今回はワードプレスに、サイトマップを表記するプラグインを紹介します。その前にまず、なぜサイト内にサイトマップが必要なのか、についてから説明しましょう。

サイト内にサイトマップを設ける理由は、Googleからのクローラーを呼び込むためです。また、クローラーに対してサイト構成を解りやすく伝える為でもあります。

基本、クローラーはロボットです。ですから、シンプルなことしかわからないと思います。なので、グチャグチャにまとまりのないサイトよりも、きちんと整理されたサイトの方が解りやすいというわけです。ワードプレス内のサイトマップは、サイトの構成を伝える重要な役割というわけです。

そのサイトマップをワードプレスではプラグインで簡単に作成する事ができます。というわけで、サイトマップを表記するためのプラグインを紹介していきましょう。

PS Auto Sitemapでサイトマップ表記

サイトマップ表記するためのプラグインは以下の通りです。

PS Auto Sitemap

まずは、このプラグインをインストールして有効化にします。なお、プラグインのインストール方法は以下の記事を参照にしてください。

→ プラグインのインストール方法

プラグインをインストールする方法

PS Auto Sitemap』のプラグインをインストールし、有効化にしたら、新規で固定ページを作成します。入力する内容は、以下のタグをコピペするだけです。なお、入力する際は『テキストモード』で入力するようにしましょう。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

上のタグを入力したら保存します。

サイトマップの設定

保存したら、記事の番号(post=●●)の●●の部分をコピーします

サイトマップの設定2

コピーしたら、ワードプレス管理画面の設定から「PS Auto Sitemap」にアクセスします。そして「サイトマップを表示する記事」の部分に先ほどコピーした番号をペースト(貼り付け)。

サイトマップの設定3

これで「変更を保存」をクリックすれば設定は完了です。個別ページが見事にサイトマップとして表示されていると思います。

WordPress指南書のサイトマップ

以上で、『PS Auto Sitemap』の設定は終了です。