今回はSEOの話しです。

ブログの記事を書いていると、根拠となる記事や参考になる記事などを紹介する場合があります。その際にリンクをつける(発リンクともいう)行為をしますが、この行為は自分のサイト評価を落としてしまうともいわれています。

Googleでは、発リンクが多いのをあまり評価していないようです。逆に、被リンク(リンクをもらう)が多い場合は評価を高くするらしい。これはSEOとも深い関係があって、発リンクはできるだけ少なく、被リンクはできるだけ多くが理想ということです

とはいえ、何か参考になるサイトや引用したいサイトがあれば発リンクをもって紹介するのがマナーだと思いますし、サイト訪問者にも解りやすいと思います。Googleもその辺は評価するんですが、しかし、サイト評価が低くなるのは確かのようですね。

そこで、こんな方法があります。

rel=”nofollow”

これはノーフォロータグと呼ばれるもので、このタグを使う事により、発リンクに対し「リンクを送っていないですよ〜」という意味合いを持ちます。つまり、このタグを使用すれば発リンクとして認識されず、サイトの評価を保つことができるというわけです。

ノーフォロータグは、

「コンテンツのソースは紹介するが、サイト評価は維持したまま」

という美味しい所だけをとったタグというわけです。
是非、発リンクの際は活用していきましょう。

ノーフォロータグの使い方

ノーフォロータグ(rel=”nofollow”)をワードプレスで使うには、投稿欄の『テキスト』モードにしてから、発リンクのタグ内に追加していきます。

その方法は、リンクタグの後ろに上のノーフォロータグを貼り付けるだけでOKです。例えば、以下のような感じです。

<a href=" リンクタグ " rel="nofollow">テキスト</a>

もしも、新しいウィンドウを開くという指定で、ノーフォローするには以下の様になります。

<a href=" リンクタグ " target="_blank" rel="nofollow">テキスト</a>

以上がノーフォロータグの使い方です。

ノーフォロータグをこのように使う事で、リンク先を被リンクしていると見なさず、自分のサイト評価を保つことができます。使いすぎるのも良くありませんが、とはいえ使いなさ過ぎるのもよくありません。ノーフォロータグを適度に使用し、サイト評価を保っていきましょう。

追 記(最新情報)

昨今のGoogleは、発リンクがあってもサイト評価を高めているケースもあります。なので、発リンクがサイト評価を下げるということが一概には言えなくなってきました。

大切なのは発リンク云々の前に、発リンクに値するサイトかどうか、またコンテンツの根拠となるのか、という基準です。妥当なリンクであるならば、発リンクはした方がいいように思います。

逆に、ただ紹介だけの発リンクであれば「rel=”nofollow”」でも良いかもしれません。個人的には、権威性のあるサイトやデータ類、根拠、事実などであれば発リンクするようにしています。

あくまでも個人的な意見です。参考になれば幸いです。