物事は、はじめに全体像がわかると把握がしやすいです。これはブログの記事でも同じことがいえます。

例えば、小難しい話しや長文の記事には、全体像を示すための目次があった方が親切ですし、ほしい情報に辿りつきやすいです。

とはいえ、ブログで目次をつくるのはとても面倒臭い。いちいちリスト風に作るのも億劫というわけです。しかし、ワードプレスにはプラグインがあります。つまり、目次を自動生成してくれるプラグインがあるのです。

その名も、、、

Table of Contents Plus

このプラグインをインストールすれば、記事を書くだけで自動で目次を生成してくれます。とても便利なプラグインですので今回は、 Table of Contents Plus の使い方を紹介したいと思います。

Table of Contents Plusの使い方

目次を自動生成するためには、プラグイン「Table of Contents Plus」をインストールします。

Table of Contents Plusで目次を生成する

プラグインのインストールについては以下記事をご覧ください。

→ プラグインのインストール方法

プラグインをインストールする方法

無事インストールが終了したら、

ワードプレス管理画面 > 設定 > 目次+

へと移行します。

Table of Contents Plusで目次を生成する2

目次+」へアクセスできたら、目次を自動生成するための設定を行います。設定する箇所は基本的に以下の6箇所です。他はデフォルトのままでOKです。

場 所 目次を生成する場所を指定する。基本、ここはデフォルトでOKだ
表示条件 見出しの数の到達数を指定できる。このサイトでは「3」とした。数字は任意で決めよう。
以下のコンテンツタイプの挿入 記事の目次を生成するなら「post」にチェックを入れる。個別ページなら「page」の部分だ。このサイトでは記事だけにチェックを入れた。
見出しテキスト 目次の見出しを指定する。このサイトでは「目次」としたが「見出し」でもいいだろう。
プレゼンテーション 目次のデザインを選択する。
見出しレベル 目次生成のタグを指定する。このサイトでは「h3」に指定した。だいたいh3かh4であれば間違いない。

以下、画像の方を参照してください。

Table of Contents Plusで目次を生成する3

Table of Contents Plusで目次を生成する4

Table of Contents Plusで目次を生成する5

Table of Contents Plusで目次を生成する6

設定がおわれば「更新」をクリック。以上で設定は完了です。

目次を表示させない方法

今回紹介したプラグインは基本、自動で目次を生成してくれるものです。ただ、記事によっては目次を表示したくない場合もあるでしょう。そんな時には以下のショートコードで対応していきます。

[no_toc]

このショートコードを挿入(記事内にコピペする)した記事には目次は生成されません。記事の内容にあわせて使っていきましょう。

以上で、目次を自動生成するプラグイン『Table of Contents Plus』の使い方は終了です。

なお、賢威テンプレートではデフォルトから目次生成の機能が付いています。賢威テンプレートの機能についてはこちら「賢威テンプレートの凄い15の機能」をご覧ください。

賢威テンプレートのココが凄い!15の機能でSEOを克服