ワードプレスは、趣味のブログ運営だけじゃなくビジネスでも活用できるツールです。最近では、オウンドメディアという方法で情報発信する企業も多いですね。

個人でいえば、アフィリエイトなどでワードプレスを使う人はいます。その際、クリック型のアフィリエイトとして『アドセンス』を使用することも多いでしょう。

このアドセンス広告を記事内で挿入するときには、アドセンスコード(広告コード)をいちいち記事中に書き込まないといけないわけですが、それがなかなか面倒臭い。他の方法として、CSSをいじる方法などもあるのですが、ワードプレス初心者ですとそれも難しいでしょう。

実は、アドセンス広告を簡単に挿入する方法があります。それはプラグインを使用するのですが、そのプラグインというのが「AdSense Manager」です。

この AdSense Manager はインストール後、簡単な設定で記事内に広告を挿入することができるのでワードプレス初心者でもかんたんに設定することができます。

今回はこの AdSense Manager の使い方を紹介したいと思います。

AdSense Managerのインストールと使い方とは

さて、ここからはプラグインの AdSense Manager を使って記事中にアドセンス広告を挿入する方法を紹介していきます。

まず、AdSense Managerをインストールします。

AdSense Manager の使い方1

有効化をクリックしたら、ワードプレス管理画面の投稿から「Ad Units」をクリックします。

ワードプレス管理画面 > 投稿 > Ad Units

AdSense Manager の使い方2

するとアドセンスコードを入力する画面になりますので、赤枠部分にアドセンスコードを入力(コピペ)します。そして下記にある「import」をクリックします。

AdSense Manager の使い方3

次に、「Ad Unit」部分で任意で名前を決めます。そして「Save changes」をクリックします。

AdSense Manager の使い方4

すると下記の画像のようになります。

AdSense Manager の使い方5

①を②の「name」の部分に置き換えらショートコード、あなただけのアドセンス専用のショートコードになります。

例えば、上の画像でしたら

AdSense Manager の使い方6

という風になりますね。

で、このショートコードを記事内の任意の位置に入力すれば、アドセンス広告が掲載されます。とても簡単です。なお、入力する際の投稿画面はビュジアルモードではなくテキストモードにすることをお忘れなく。

以上が、AdSense Manager の使い方です。

賢威テンプレートだとショートコードが標準装備

このWordPress指南書では、ワードプレスのテーマを「賢威テンプレート」に使用しています。

この賢威テンプレートでは、ショートコードが標準装備されています。つまり、今回のプラグイン無しでもショートコードが作成できますし、アドセンスも記事内に挿入することが可能です。

なお、賢威テンプレートについてはこちら「賢威テンプレートのココが凄い!15の機能」でご確認を。

賢威テンプレートのココが凄い!15の機能でSEOを克服

SPONSORED LINK