キャッシュ設定で表示速度を改善する方法

W3 Total Cacheの設定方法

ブログを長年、コツコツを書き続ければ記事の数が多くなる。記事の数が多くなれば表示速度が遅くなる。表示速度が遅いとせっかく訪問すた者も離脱してしまう。それではもったいない。そうならない為にも表示速度を改善しなければいけない。

表示速度の改善方法は、以前も記事に取りあげているが、今回はキャッシュを利用した方法を解説したいと思う。

そもそもキャッシュとは何か。

キャッシュとは一度アクセスしたサイトのデータをブラウザで一時的に保管し、次回より同じページにアクセスした際の表示を速くする仕組みです。その結果、表示速度が高まるというわけです。

このキャッシュを利用すれば、表示速度が急激にあがる。ワードプレスでキャッシュを利用するにはプラグインが必要だ。そのプラグインの名は「W3 Total Cache」。

W3 Total Cacheの設定方法

このプラグインを使えば、サイトのコンテンツがキャッシュされ、表示速度が高まる。今回はこの表示速度をあげるプラグイン『W3 Total Cacheの設定方法』を解説していく。

なお、「W3 Total Cache」は事前にインストールしておこう。
W3 Total Cache のインストール方法は『ワードプレスのプラグインインストール方法』を参考にするといい。

W3 Total Cacheの設定方法

「W3 Total Cache」をインストールしたら「有効化」する。そして、ワードプレス管理画面の左メニューから「Performance」を選択。その中の「General Settings」をクリックする

W3 Total Cacheの「General Settings」設定方法

 

W3 Total Cacheの設定箇所は2箇所だ。

  1. 全体設定
  2. 各キャッシュの詳細設定

それぞれ解説していく。

全体の設定

まず「Genera」の中の「 Toggle all caching types on or off 」にチェックをはずす

W3 Total Cacheの「Genera」設定方法

次の「Page Cache」では「Enable」にチェックをいれる。他はデフォルトでOKだ。

W3 Total Cacheの「Page Cache」設定方法

次の「Minify」では「Enable」のチェックを外す

W3 Total Cacheの「Minify」設定方法

次の「Database Cache」では「Enable」のチェックを入れる。他はデフォルトでOK。

W3 Total Cacheの「Database Cache」設定方法

次の「Object Cache」では「Enable」のチェックを入れる。他はデフォルトでOK。

W3 Total Cacheの「Object Cache」設定方法

次の「Browser Cache」にも「Enable」のチェックを入れる。他はデフォルトでOK。

W3 Total Cacheの「Browser Cache」設定方法

次は下の方にスクロールして「Miscellaneous」の項目から「Enable Google Page Speed dashboard widget 」のチェックを外す。そして「Verify rewrite rules 」にチェックを入れる

W3 Total Cacheの「Miscellaneous」設定方法

以上の設定が完了したら、「Save all settings」をクリックして更新する。これで全体のキャッシュの設定は完了だ。次に、各キャッシュの詳細設定を行う。

各キャッシュの詳細設定

全体の設定を行ったら各種キャッシュの設定を行う。設定箇所は以下の3つだ。

  • ページ・キャッシュ
  • データベース・キャッシュ
  • ブラウザ・キャッシュ

これらは、ワードプレス管理画面の左メニューから「Performance」を選択すれば表示される。その中に各種キャッシュの設定があるのでそれぞれ設定していく。以下、画像付きで解説していく。

ページ・キャッシュの設定

ページ・キャッシュの設定で「General」の部分は2箇所にチェックを入れる。以下の画像を参照。

W3 Total Cacheの「General」の設定方法

次に、「Cache Preload」はチェックを外す

W3 Total Cacheの「Cache Preload」の設定方法

次に、「Purge Policy:Page Cache」では、以下の画像のように設定する

W3 Total Cacheの「Purge Policy:Page Cache」の設定方法

以上でページ・キャッシュの設定は終了だ。

データベース・キャッシュの設定

次にデータベース・キャッシュの設定だ。設定箇所は1箇所のみだ。以下の画像を参照してほしい。

W3 Total Cacheのデータベース・キャッシュの設定方法

ブラウザ・キャッシュの設定

ブラウザ・キャッシュの設定は以下のように設定しよう。

W3 Total Cacheのブラウザ・キャッシュの設定方法

以上で各キャッシュ設定は終了だ。

キャッシュのリセット方法

キャッシュするプラグインは表示速度を速くすることに重宝するが、更新内容が反映するのに少々時間がかかる場合がある。その際には、キャッシュのリセットを行うようにしよう。

キャッシュのリセット方法はとても簡単だ。

WordPress管理画面の左メニューの「Performance」を選択し「 Dashboard」をクリックする。ページ上部にある「empty all caches」ボタンをクリックするとキャッシュのリセットができる

ワードプレスのテーマ変更やプラグイン導入があった場合は必ずリセットを行うようにしよう。

以上で『W3 Total Cache の設定』は全て完了だ。

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。