ワードプレス表示を高速化した4つの方法

ワードプレスの表示を計測

ワードプレスは便利なブログシステムなのだが、表示速度が遅いのが難点のひとつだ。

僕はエックスサーバーを使用しているので、他のサーバーよりもサクサク動くのだが、しかし多少のもたつき感は否めない。そこで、自分のブログがどの程度の表示速度なのかを以下の2つのツールで調べて見た。

まずGoogleの「PageSpeed Insights」で表示速度を測定したら以下のような結果がでた。

表示速度を計測

表示速度を計測2

モバイルとパソコン共々、低い評価だ。

次に「GTMetrics」というサイトでも表示速度を計測したら以下のような結果になった。

表示速度を計測3

こちらも「D」と「F」という中途半端な評価。

エックスサーバーでこのような結果なのだから、他のサーバーはもっと悪い結果になっていることと思う。まぁ、現在、今は表示速度にそれほど不具合を感じていないのだが、しかし、最近のSEOには表示速度も関係しているようなので、これを機会に高速化したいと思う

ワードプレス表示を高速化した4つのプラグイン

基本的にやったことといえば、以下の4つのプラグインを導入しただけだ。

  1. EWWW Image Optimizer
  2. W3 Total Cache
  3. Lazy Load
  4. Head Cleaner

たったこれだけで表示速度が格段にあがった。一応、表示速度を再度計測。結果は以下の通りになった。

いかがだろうか。表示速度が劇的に変わっていると思う。

表示速度があがるとSEOにも効果的なので今後の表示が楽しみだ。良い結果がでて嬉しいと思う。一応、上で行ったことを以下から軽く説明したいと思う。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerのプラグインは、画像を圧縮化するプラグインだ。既存の画像から、これから更新する画像類をすべて圧縮し、容量を軽くすることができる。その結果、表示速度が速くなるわけだ。EWWW Image Optimizerのプラグインの詳しい設定は『画像の圧縮化で表示速度を改善する方法』からどうぞ。

W3 Total Cache

W3 Total Cacheのプラグインは、キャッシュするプラグイン。ご存知の通り、キャッシュはブラウザに保管する仕組みで、表示速度をあげるものといえる。W3 Total Cacheでは、これを意図的に行うというわけだ。設定には多少の時間がかかるが、ポテンシャルはかなり大きいのでお薦めだ。詳しい設定は『キャッシュ設定で表示速度を改善する方法』からどうぞ。

Lazy Load

Lazy Loadのプラグインは画像の読み込みを後回しにするプラグイン。設定はなくインストールするだけで良いので便利だと思う。詳しくは『画像の読み込みを後回しするプラグイン』からどうぞ。

Head Cleaner

Head Cleanerのプラグインは「CSS」や「JavaScript」を最適化してくれるプラグインだ。設定はチェックボックスのチェックを入れるだけOK。詳しい設定方法はこちら「Head Cleaner の設定方法」でご確認を。

考 察

以上が僕がやった『ワードプレス表示を高速化した3つの方法』だ。いずれもちょっとした設定はあるが、実践すれば必ずサイト表示速度は高まることは必至だ。しかし、ワードプレスのテンプレートによっては不具合というか使い勝手が悪くなる場合もある。例えばアイキャッチ画像が表示されなかったり、スクロールボタンが表示されないなどだ。

これらはワードプレステンプレートとプラグインとの相性の問題でもあるので、今回の表示速度を高めるものとテンプレートとのバランスを考えて実践するといいと思う。

因みに、上記の4つの方法を行った結果、以下のような結果になった。

表示速度を計測4

評価はAランクになっている。表示速度はかなり上がったといえるだろう。上記に記した表示速度を向上させる4つの方法は一定の効果があったわけだ。もし、あなたもワードプレスの表示速度に悩んでいたら、是非、4つの方法を試してみてほしい。

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。