ワードプレス運営におすすめのプラグイン集

お勧めのプラグイン

ここではワードプレスの運営やSEO対策、ビジネス集客などに役立つプラグインをまとめて紹介する。

ここで紹介されているプラグインを全て導入してもいいが、運営目的に合わせて使い分けても良い。なお、プラグインを使うにはプラグインのインストールが必要だ。その方法はこちら「プラグインのインストール方法」を参考にするといい。

SEO対策プラグイン

Yet Another Related Posts Plugin
このプラグインは記事内やサイドバーに関連記事を表示してくれるもの。SEO対策のひとつの要因としてコンテンツへの滞在時間がある。関連記事があると滞在時間を長く保つことができるので、結果、SEO対策になるわけだ。このプラグインの使い方はインストール後、有効化。その後、多少の設定があるので『記事に関連記事を表記させる方法』からご確認を。

All in One SEO Pack
ワードプレスでSEO対策するもっとも有名なプラグインが「All in One SEO Pack」だ。このプラグインは記事の1つ1つに、タイトルやメタディスクリプション、メタキーワードなどを設定できるようになっている優れたSEO対策プラグインだ。使い方は、いくつか設定があるから画像をみながら確認するといいだろう。『All in One SEO Pack』の設定方法』の記事を参考に。

Open Graph Pro
ソーシャルボタンを表示する際に必要なOGPの設定。それを簡単にしてくれるのがこのプラグインだ。使い方はインストール後、有効化し、設定画面からOGPに必要なIDとAPPIDを入力すればOK。

WP Social Bookmarking Light
TwitterやFacebook、Google+(プラス)、はてなブックマークなどのソーシャルボタンを表示するプラグイン。国産プラグインでとても使いやすいのが特徴だ。使い方はインストール後、有効化するだけでOK。表示できるSNSボタンは多々あるため自由にカスタマイズすることもできる自由度が高いプラグインだ。

PS Auto Sitemap
サイト内にサイトマップのページを作成してくれるプラグイン。これでクローラーも読みやすくなるし、訪問者もサイトマップのおかげでブログ内のコンテンツが一目瞭然でわかる。サイトマップはSEO対策にも必要不可欠なので、是非、設定しておこう『サイトマップを表示するプラグイン「PS Auto Sitemap」』。

PubSubHubbub
このプラグインは素早くインデックスさせるプラグイン。素早くインデックスさせることができるので、パクリサイトへの防止にもなる。つまり、自分の記事(コンテンツ)を他者が真似できないようにするわけだ。使い方はインストール後、有効化するだけで簡単なので是非、導入しておくといいだろう。

Google XML Sitemaps
Googleウェブマスターツールのサイトマップ送信に必要なプラグイン。インストール後、有効化するだけで活用できる『Google XML SitemapsでSEO対策する方法』。

ビジネスやアフィリエイトに効果的なプラグイン

Q2W3 Fixed Widget
このプラグインは画面をスクロールしてもサイドバーが付いてくるプラグイン。アフィリエイト広告やLP(ランディングページ)などでも使えるのでとても便利だ。使い方はインストール後、少しの設定で使えるので『 Q2W3 Fixed Widgetの使い方はこちら』の記事を参考にするといい。

アクセス解析プラグイン

Ultimate Google Analytics
Googleアナリティクスを導入できるプラグイン。Googleアナリティクスはアクセスを解析するツールで無料で使用できる。ブログ運営をするなら絶対に導入しておくべきツールだ。

サイト表示速度をあげるプラグイン

EWWW Image Optimizer
画像を圧縮化してくれるプラグイン。画像の圧縮化は表示速度に欠かせない方法だ。画像を多く使われていると表示が遅くなるので、サイトやページ数が多い場合は必須のプラグインだ。詳しい設定方法は『画像の圧縮化で表示速度を改善する方法』で紹介しているのでご確認を。

W3 Total Cache
キャッシュを利用して表示速度をあげてくれるプラグイン。設定は少々、面倒だが効果は抜群にある。時間をかけて設定するだけあって表示速度が格段にあがるから是非、インストールし設定しておこう。詳しい設定方法は『キャッシュ設定で表示速度を改善する方法』で解説しているので参考にしてほしい。

Lazy Load
画像の読み込みを後回しにしてくれるプラグイン。このプラグインは特別な設定はなく、インストールだけでその効果を得ることができる。一応、こちらの『画像の読み込みを後回しするプラグイン』に解説をしているので参考にするといいだろう。

その他便利なプラグイン

Crazy Bone(狂骨)
ワードプレスの不正アクセスを閲覧できるプラグイン。これを導入しておけば、今、自分のワードプレスがどんな風に危険にさらされてるか、また不正アクセスがどのくらいあるのかを判断できる。使い方はインストール後「有効化」にするだけでOK。

TinyMCE Advanced
HTMLの知識がなくてもブログ感覚で文章のカスタマイズができるプラグイン。当サイトでもよく使っているが、黄色のマーカーや打ち消し線なども簡単に設定できる。かなり使いやすいのでお薦めだ。

Broken Link Checker
自動でリンク切れをチェックしてくれるプラグイン。しかも、そのリンク切れのアンカーテキストを自動で「打ち消し線」にしてくれるのでSEO対策も担っている。インストールや使い方は『自動でリンク切れチェックをするプラグイン「Broken Link Checker」で確認を。

Favicon Rotator
ファビコンを設定するプラグイン。詳しい手順は『ファビコンを設定する簡単な方法』からどうぞ。

WP-PostViews
このプラグインは記事の閲覧数(ポストビューと言います)を表示するものだ。ワードプレスのテンプレートによってはポストビューが最初から付いているのもあるが、ほとんどはついていないので導入すると良いだろう。記事の閲覧数を確認できればユーザーの分析にもなるのでお薦めのプラグインだ。使い方は簡単でWP-PostViewsをインストールし有効化にするだけ。

WP-Optimize
WP-Optimizeプラグインは溜まったリビジョンをまとめて削除してくれるプラグイン。リビジョン以外にもゴミ箱に入ってる記事やスパムコメントなどを削除することができる。さらにテータベースの最適化も行うことが可能だ。

P3 (Plugin Performance Profiler)
導入している既存のプラグインがサイト表示速度に影響しているかどうかを調べるプラグイン。影響しているプラグインや速度を表記してくれる。プラグインの断捨離に役立つプラグインだ。詳しい操作はこちら「サイト表示が遅くなるプラグインを調べる方法」でご確認を。

目次を自動生成してくれるプラグイン
目次を自動で生成してくれるプラグイン。多少の設定はあるけれど簡単に使用できるプラグインだ。『目次を自動生成してくれるプラグイン

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。