目次を自動生成してくれるプラグイン

Table of Contents Plusで目次を生成する

はじめに全体像がわかると物事を把握しやすい。これはブログ記事でも同じだ。

小難しい内容や長い記事には、全体像を示すために目次を設定するといい。とはいえ、ブログで目次をつくるのはとても面倒臭い。いちいちリスト風に作るのも億劫というわけだ。

だが、ワードプレスにはプラグインがある。つまり目次を自動で生成してくれるプラグインがあるというわけだ。その名も、、、

Table of Contents Plus

このプラグインは記事を書くだけで、自動で目次を生成してくれる便利なプラグイン。今回はこの Table of Contents Plus の使い方を紹介したいと思う。

Table of Contents Plusの使い方

Table of Contents Plusを使うにはまずプラグインのインストールする必要がある。プラグインのインストール方法についてはこちらの記事でご確認を「プラグインのインストール方法」。

Table of Contents Plusで目次を生成する

無事インストールが終了したら、

ワードプレス管理画面 > 設定 > 目次+

Table of Contents Plusで目次を生成する2

へと移行する。

そして目次を自動生成するための設定を行う。設定する箇所は基本的に以下の6箇所だ。他はデフォルトのままでOKだ。

場 所 目次を生成する場所を指定する。基本、ここはデフォルトでOKだ
表示条件 見出しの数の到達数を指定できる。このサイトでは「3」とした。数字は任意で決めよう。
以下のコンテンツタイプの挿入 記事の目次を生成するなら「post」にチェックを入れる。個別ページなら「page」の部分だ。このサイトでは記事だけにチェックを入れた。
見出しテキスト 目次の見出しを指定する。このサイトでは「目次」としたが「見出し」でもいいだろう。
プレゼンテーション 目次のデザインを選択する。
見出しレベル 目次生成のタグを指定する。このサイトでは「h3」に指定した。だいたいh3かh4であれば間違いない。

以下、画像の方も参照するといい。

Table of Contents Plusで目次を生成する3

Table of Contents Plusで目次を生成する4

Table of Contents Plusで目次を生成する5

Table of Contents Plusで目次を生成する6

設定がおわれば「更新」をクリックする。以上で設定は完了だ。

目次を表示させない方法

今回紹介したプラグインは基本、自動で目次を生成してくれるものだ。ただ、記事によっては目次を表示したくない場合もあるだろう。そんな時には以下のショートコードで対応していく。

[no_toc]

このショートコードを挿入した記事には目次は生成されない。記事の内容にあわせて使っていこう。

以上で、目次を自動で生成するプラグイン『Table of Contents Plus』の使い方は終了だ。

[cc id=6848]
SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。