WordPressでブログをつくったら導入したいSEOのプラグイン

All in One SEO Pack の設定方法

ワードプレスを運営する上でインストールしておいた方が良いSEOのプラグインがある。それが『All in One SEO Pack』だ。

All in One SEO Pack というプラグインは、ワードプレスのコンテンツを上位表示させてくれるもの。つまりインストールすれば、コンテンツのSEO効果があるというものだ。インストール後にいくつか設定はあるが、アクセスアップや集客にはとても強力なプラグインなので、ワードプレスでブログをつくるなら是非とも導入するといい。

[cc id=3506]

All in One SEO Pack の設定方法

All in One SEO Pack をインストールするとワードプレス管理画面に表示される。それをクリックする。

All in One SEO Pack を設定する

ここでの設定は以下の3つだ。

1,サイト全体の設定
2,ソーシャルメディアOGP の設定
3,「XML Sitemap」の設定

それぞれ画像を含めて解説していく。

サイト全体の設定

はじめに、サイト全体を設定していく。ここではコンテンツ全てにSEOを施すために、タイトルやディスクリプション、検索キーワード(メタキーワード)を設定する。この設定により、クローラーに対して、サイトがどんなコンテンツなのかを認識してもらうのだ。

トップページのタイトルやメタキーワードの設定

まず、トップページのタイトルとメタキーワードの設定を行う。ここでの設定は、下図のように実際に検索されたときに表示されるので、しっかりと設定していこう。

All in One SEO Pack の設定方法|タイトルとディスクリプション

設定するのは以下の3つだ。それぞれの項目にあなたのサイト情報を記入していく。

ホームタイトル サイトタイトルを入力する
ホーム詳細 メタディスクリプションを入力する
ホームキーワード 検索して欲しいキーワードを入力する(3語くらい)

All in One SEO Pack の設定方法|タイトルとディスクリプション2

タイトルの設定

次に「タイトル設定」だ。ここは検索結果に表示する設定だ。しかし、上記の方でも設定しているし、しかもGoogleが勝手にタイトルを変更する場合もあるので、ここは利用停止にチェックをいれておこう。他も同様にチェックはなしだ

All in One SEO Pack を設定でタイトル設定は利用停止にする。

カスタム投稿タイプ設定

次にカスタム投稿タイプ設定だ。ここはワードプレスの投稿時にカスタムができるように設定するものだ。記事などのタイトルやキーワードをカスタムしたい場合は、下図のように設定しておこう。

All in One SEO Pack を設定|カスタム投稿タイプ設定

表示設定

次は表示設定だ。チェックする箇所は2箇所。投稿と個別ページだ。これはSEOのコンテンツ表示に必須なので必ずチェックしておこう。

All in One SEO Pack を設定|表示設定

ウェブマスター認証設定

次にウェブマスター認証設定だ。ウェブマスターとはGoogleのサービスである「サーチコンソール」のことだ。以前はウェブマスターと呼ばれていたが、最近はサーチコンソールと名称が変更した。そのサーチコンソールでタグを入手する。そのタグを赤枠の中に入力するだけだ。

All in One SEO Pack を設定|ウェブマスター認証設定

なお、サーチコンソールについては以下の記事にも方法が書かれている。

Search Consoleに登録する方法

Google設定

次にGoogle+と連携する設定だ。以下のように設定しよう。

All in One SEO Pack を設定|Google設定

All in One SEO Pack を設定|Google設定3

Noindexの設定

次にNoindexの設定だ。NoindexはGoogleにインデックスさせないことをいう。Googleは不要なページを評価はしない。なので、そういうコンテンツがある場合は以下のように設定しておくとNoindexすることが可能だ。

All in One SEO Pack を設定|Google設定4

All in One SEO Pack を設定|Google設定5

ソーシャルメディアOGPの設定

つづいてソーシャルメディアのOGP の設定方法だ。ワードプレス管理画面の左のメニューから「All in One SEO」を選択。その中の「 機能管理 」をクリックする。その中の「ソーシャルメディア」をクリック

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定

すると、左メニューの「All in One SEO」の中に「Social Meta」が追加されているのでこれをクリック。それぞれ設定しいていこう。

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定2

一般設定

以下の箇所のチェックをはずす。

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定3

ホームページの設定

ここは、トップページがシェアされたときの設定だ。ソーシャルメディアでシェアされたときに、どんな風に見られたいかを考えながら設定するといいだろう。

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定4

画像設定

ここはシェアされたときの画像の設定だ。以下のようにするといいだろう。

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定5

Facebook設定

次にフェイスブックの設定だ。ここではOGPの設定も合わせて行う。

OGPとは、Open Graph Protocol の略で、ソーシャルメディアで記事がシェアされた時に表示される画像や文章を指定するものだ。これを設定しなければ、シェアされてもうまく広がりはしないだろう。いまやソーシャルメディアの時代。OGPはしっかりと設定し、自分が意図するコンテンツが表示できるように設定しておこう。

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定6

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定7

Twitter 設定

次にTwitterの設定だ。以下の画像の箇所を設定してほしい

All in One SEO Pack を設定|ソーシャルメディア設定8

 

以上でソーシャルメディアの設定は完了だ。

「XML サイトマップ」の設定

つづいて、クローラーを呼び込むための設定を行う。クローラーをよぶためにサイトマップの送信は必須だ。そこで『All in One SEO Pack』のサイトマップを登録機能を使う。

以下、 XML サイトマップ の設定方法だ。

XML サイトマップ 画面へのアクセス

ードプレスの管理画面の左から「All in One SEO 」の中から「機能管理」をクリックそして「XML サイトマップ」を選択し、クリックする。すると左のメニュー欄に「XML サイトマップ」が表示されるので、それをクリックする。

All in One SEO Pack を設定|サイトマップ設定

XML サイトマップの設定方法

XML サイトマップの設定方法だ。以下の画像の通り設定してほしい

All in One SEO Pack を設定|サイトマップ設定2

All in One SEO Pack を設定|サイトマップ設定3

設定したら「サイトマップを更新」をクリックし、更新する(上記以外はデフォルトのままでOK)

更新が完了したら、Google Search Console(サーチコンソール)へアクセスし、「サイトマップの追加テスト」に『sitemap.xml』を入力サイトマップを送信する。これでSearch Consoleにサイトマップが登録される。詳しい操作は、以下の記事の手順4に書いてあるので参考にしてほしい。

Search Consoleに登録する方法の手順4

これで、『All in One SEO Pack』の設定はすべて完了だ。設定は少し面倒臭いが、ワードプレスのコンテンツをSEOで上位表示させたいなら絶対にやっておくべきだろう。

追 記

本サイトでは現在、このプラグインを使用していない。理由はワードプレスのテンプレートを「賢威」にしているからだ。

賢威テンプレートでは「All in One SEO Pack」と同じような機能がもともとついている。なので、プラグイン無しでも上記のような設定が簡単にできている。賢威テンプレートについて詳しく知りたい方は、以下のサイトで確認するといいだろう。
↓↓
賢威テンプレートはこちら

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。