画像圧縮プラグインで画像サイズを圧縮する方法

ワードプレスの記事では、テキストのような文字だけのコンテンツだけじゃなく、画像掲載も有効な表現方法です。

画像の添付はイメージがつきやすいのでコンテンツの手助けになるのですが、しかし、あまりにも大量の画像を掲載していると、サイトの表示速度が遅くなることがあります。

これではSEO対策としてよくありません。

画像を大量に掲載しても表示速度は一定以上の速さを保っておく方が最適なサイト運用法です

そこで解決策となるのが画像の圧縮です。ワードプレスで掲載されている画像の圧縮を行えば表示速度も保たれ、SEO的にも影響はないでしょう。

今回は、画像を圧縮してくれるプラグインを紹介していきます。

画像圧縮するプラグイン

ワードプレスには画像を圧縮してくれるプラグインの名は「EWWW Image Optimizer」です。

画像を圧縮するプラグイン「EWWW Image Optimizer」。

「EWWW Image Optimizer」は、今まで保存された画像の圧縮はもちろんのこと、これから更新する画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。

これは、いちいち1個ずつ画像を圧縮しないで済むということですので、とても便利なプラグインです。

では、具体的な設定方法を画像付きで解説していきます。

※プラグインのインストール方法はこちらプラグインのインストール方法』。

SPONSORED LINK

EWWW Image Optimizer 設定方法

EWWW Image Optimizer の設定するにはまず、ワードプレス管理画面の左の「設定」の中から「EWWW Image Optimizer」をクリックします。

EWWW Image Optimizerの設定方法です。ワードプレスの管理画面から設定を行います。

設定する箇所は以下の4つです。

  • Basic Settings
  • Advanced Settings
  • Conversion Settings

それぞれ解説していきます。

Basic Settingsの設定

この項目では画像ファイルに不要なものがついてくるときに圧縮してくれる設定です。

「Remove metadata」にチェックを入れます

EWWW Image Optimizer 設定方法3

Advanced Settingsの設定

次は「disable pngout」にチェックを入れます

EWWW Image Optimizer 設定方法4

Conversion Settingsの設定

この項目では「Hide Conversion Links」にチェックをいれます

これは、png を jpg に変換したり、 jpg を png に変換する機能ですが、それをあえて使えなくします。

Conversion Settingsの設定

以上で設定は完了です。

これで画像の圧縮化ができるようになりました。設定後は、新しく更新する画像すべてを圧縮化してくれます。しかし、今までの保存していた画像類はまだ圧縮化されていません。なので、保存されている画像の圧縮もしていきましょう。以下から説明いたします。

保存されている画像の圧縮化

保存されている画像の圧縮化は以下の手順で行います。

まず、ワードプレスの管理画面の左からメディアを選択して「Bulk Optimize」をクリック

この中の「Optimize Media Library」から「Start optimizing」(以下画像の赤枠の部分)をクリックすれば、自動で保存されている画像の圧縮化を行ってくれます

『EWWW Image Optimizer』の使い方

少し時間はかかりますが「Finished」と表示されたら画像の圧縮完了です。

ワードプレステーマの画像を圧縮化

ワードプレスのテーマの中には、事前に画像が含まれているものもあります。

例えば有料のワードプレステーマ類は、画像が既にインストールされていますが、これらを圧縮化することができるというわけです。

既存の画像を圧縮化するには、「Optimize Everything Else」から「Scan and optimize」(以下画像の赤枠の部分)をクリックすればOKです

以上で、ワードプレスに掲載されている画像、保存されている画像を圧縮化する方法です

画像の圧縮化はサイト表示速度の改善につながり、SEOにも有利です。あなたのワードプレスの表示速度が遅い場合は是非、試してみてください。