今回はSEO対策にとても重要なプラグイン『 Google XML Sitemaps 』を紹介したいと思います。

このプラグインは、サイトマップを生成する為のプラグインで、インストール後に有効化するだけで使えるものです。

プラグイン有効化後は、記事を更新する度にサイトマップが生成されます。生成されたサイトマップは、GoogleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)にてサイトマップを登録し、送信を行います。

すると、コンテンツ(記事とか)のインデックスが早まったり、サイト評価を高めることができます(コンテンツが良い場合の話)。つまり、SEO対策やサイト運営の改善に役立つというわけです。

とても有効なプラグインなので必ずインストールしておきましょう。以下から、Google XML Sitemaps の設定方法の手順を解説していきます

Google XML Sitemaps のインストール方法

まず、Google XML Sitemaps のプラグインをインストールします。

Google XML Sitemaps 2

プラグインのインストール方法については、以下の記事を参考にしてください。

プラグインのインストール方法

Google XML Sitemapsの設定

プラグイン Google XML Sitemaps は基本、有効化するだけでも使えます。ですから、デフォルトでもいいのですが、細かい設定が必要ならそれも可能です。

以下は僕が実際にやっているGoogle XML Sitemaps の設定方法です。ここまでやる必要はないかも知れませんが、少しでもSEOで上位表示させたいなら設定しておいて損はしないでしょう。というわけで設定方法です。

まず、Google XML Sitemapsには6つの設定ができます。

  1. 基本的な設定
  2. 追加ページの設定
  3. 投稿の優先順位
  4. Sitemap コンテンツ
  5. 含めない項目
  6. 更新頻度の設定 (changefreq)
  7. 優先順位の設定 (priority)

以下、それぞれ解説していきます。

1,基本的な設定

基本的な設定は、以下の赤い枠の中にチェックが入っていればデフォルトのままでOKです。特に何も設定する必要はありません。

Google XML Sitemaps 3

2,追加ページの設定

「追加のページの設定」もデフォルトのままでOKです。もしも、サイト以外からのURLを含めたサイトマップを生成したいなら、「新しいページの追加」をクリックしてサイトURLを追加します

Google XML Sitemaps 4

3,投稿の優先順位

「投稿の優先順位」では、「優先順位を自動的に計算しない」を選択して自動的に優先順位が決められないようにします

Google XML Sitemaps 5

4,Sitemap コンテンツ

「Sitemap コンテンツ」では、自分のサイトにあった設定を行います。僕はホームページ(サイトトップページ)と投稿(個別記事)、個別ページ、カテゴリーページを重点にしているので、これらにチェックを入れて設定しました。こちらの設定は、あなたのサイトに合わせて設定するといいでしょう。

Google XML Sitemaps 6

5,含めない項目

「含めない項目」は文字通り、サイトマップ生成に含めたくない記事やページを設定するものです。僕はカテゴリーの「未分類」にチェックを入れています。こちらもの設定のあなたのワードプレス運営に合わせて自由に設定するといいでしょう。

Google XML Sitemaps 7

6,更新頻度の設定

「更新頻度の設定」は「4,Sitemapコンテンツ」と同じように設定するといいです。つまり、重要度の高いものを重点にするということですね。僕はホームページ(サイトトップページ)、投稿(個別記事)、個別ページ、カテゴリーページを重点においているので、これらにクローラーがいつでも来るよう設定しています。

以下の画像で参照してください。

Google XML Sitemaps 8

7,優先順位の設定

「優先順位の設定」も同じく重点の高いものを設定していきます。こちらの場合は数値が「1.0」に近くなるにつれて重要度が増すので、重点を置きたい項目は数値を高めに設定するといいですね。因みに、僕は以下のように設定しています。

Google XML Sitemaps 9

以上の設定がおわったら、「設定を更新」をクリックして完了です

Google XML Sitemapsの設定が終わったらやるべき事

投稿の優先順位Google XML Sitemapsの設定が完了したら、GoogleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)にてサイトマップ送信します

詳しい方法はについてはこちら「GoogleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)に登録する方法 | 動画解説あり」で書いているので参考にしてください。

SPONSORED LINK