サイトマップ送信するプラグイン『 Google XML Sitemaps 』のインストールと設定方法

Google XML Sitemaps

今回はSEO対策にとても重要なプラグイン『 Google XML Sitemaps 』を紹介したいと思う。

このプラグインは、サイトマップを生成する為のプラグインで、インストール後に有効化するだけで使えるものだ。

有効化後は、記事を更新する度にサイトマップが生成される。生成されたサイトマップは、GoogleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)にてサイトマップを登録し、送信を行う。すると、インデックスが早まったり、サイト評価を高めることができる(コンテンツが良い場合の話)。つまり、SEO対策やサイト運営の改善に役立つというわけだ。

以下から、Google XML Sitemaps のインストールから設定方法の手順を解説していこう

[cc id=3506]

Google XML Sitemaps のインストール方法

まず、Google XML Sitemaps のプラグインをインストールする。

Google XML Sitemaps 2

プラグインのインストール方法については、以下の記事を参考にするといい。

プラグインのインストール方法

Google XML Sitemapsの設定

プラグイン Google XML Sitemaps は基本、有効化するだけでも使える。だから、デフォルトでもいいのだが、細かい設定が必要ならそれも可能だ。

以下は僕が実際にやっているGoogle XML Sitemaps の設定方法だ。ここまでやる必要はないかも知れないが、少しでもSEOに効果的と考えたから設定した次第だ。

Google XML Sitemapsには6つの設定ができる。

  1. 基本的な設定
  2. 追加ページの設定
  3. 投稿の優先順位
  4. Sitemap コンテンツ
  5. 含めない項目
  6. 更新頻度の設定 (changefreq)
  7. 優先順位の設定 (priority)

以下、それぞれ解説していく。

1,基本的な設定

基本的な設定は、以下の赤い枠の中にチェックが入っていればデフォルトのままでOKだ。特に何も設定する必要はない。

Google XML Sitemaps 3

2,追加ページの設定

「追加のページの設定」もデフォルトのままでOKだ。もしもサイト以外からのURLを含めたサイトマップを生成したいなら、「新しいページの追加」をクリックしてサイトURLを追加する

Google XML Sitemaps 4

3,投稿の優先順位

「投稿の優先順位」では、「優先順位を自動的に計算しない」を選択して自動的に優先順位が決められないようにする

Google XML Sitemaps 5

4,Sitemap コンテンツ

「Sitemap コンテンツ」では、自分のサイトにあった設定を行う。僕はホームページ(サイトトップページ)と投稿(個別記事)、個別ページ、カテゴリーページを重点にしているので、これらにチェックを入れて設定している。こちらの設定は、あなたのサイトに合わせて設定するといいだろう。

Google XML Sitemaps 6

5,含めない項目

「含めない項目」は文字通り、サイトマップ生成に含めたくない記事やページを設定するものだ。僕はカテゴリーの「未分類」にチェックを入れている。こちらもの設定のあなたの考えに合わせて自由に設定するといいだろう。

Google XML Sitemaps 7

6,更新頻度の設定

「更新頻度の設定」は「4,Sitemapコンテンツ」と同じように設定するといい。つまり、重要度の高いものを重点にするということだ。僕はホームページ(サイトトップページ)、投稿(個別記事)、個別ページ、カテゴリーページを重点においているので、これらにクローラーがいつでも来るよう設定している。

以下の参照してほしい。

Google XML Sitemaps 8

7,優先順位の設定

「優先順位の設定」も同じく重点の高いものを設定しく。こちらの場合は数値が「1.0」に近くなるにつれて重要度が増すので、重点を置きたい項目は数値を高めに設定するといい。因みに、僕は以下のように設定している。

Google XML Sitemaps 9

以上の設定がおわったら、「設定を更新」をクリックして完了だ

Google XML Sitemapsの設定が終わったらやるべき事

投稿の優先順位Google XML Sitemapsの設定が完了したら、GoogleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)にてサイトマップ送信する

詳しい方法はについてはこちら「GoogleのSearch Console(旧ウェブマスターツール)に登録する方法 | 動画解説あり」で書いているので参考にしてほしい。

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。