SEOで上位表示を狙うための要素として2つあります。それは内的SEOと外的SEOです。

内的SEOとは簡単に言えば自分のサイト内を最適化を図るためにリンクを貼ったり、サイト内の構造化を行うものです。これは自分でコントロールできるもので簡単なSEO対策といえます。一方、外的SEOとは外部からリンクを貼られるもので、通称『被リンク』とも呼ばれています。

この被リンクは、他者が勝手に貼るリンクであり自分ではなかなかコントロールができません。つまり、被リンクをもらいたくても貰えないというわけです。で、被リンクを大量につけたいなら、やはり良いコンテンツを作り続けるしか方法がないということになります。

とはいえ、やはり良いコンテンツをつくってばかりだと少々不安にもなるわけです。そんな折、自分で自然な被リンクを貼ることができれば、それに越したことはありません。

実は、自分で被リンクを貼る方法がネット上にはあります。それらはノーフォロータグ『rel=“nofollow”』がないサイトからの被リンクです。つまり、自作自演の被リンクで、完全に自分でコントロールできるサービスがあるというわけです。

そのサービスの設定方法は単純で、自分のアカウントを作成し、そこから被リンクを送るだけ。作成するアカウントの種類は様々ですが、どれも効果的な被リンクといえます。

今回はそんな被リンクが遅れるサイトを以下にまとめてみました。自作自演の被リンクが必要ならば、ぜひ参考にしてください。なお、この記事をブックマークしておくと、あとで読み返すときに便利だと思うのでよかったらお気に入り登録を。

ブックマーク系

ブックマーク系の被リンクは、アカウント登録さえすればすぐに使えるツールです。基本、メールアドレスさえあれば無料で使えるので、やっておいて損はないでしょう。

ただし、複数のアカウントをとって不自然なブックマークをすることはオススメしません。複数のアカウントを所有し、ブックマークを行った方の中にはアカウントが停止になった人もいるので、1人1アカウントで対処する方がいいと思います

以下、ブックマークで被リンクがつくサービスを紹介します。

はてなブックマーク

楽天ソーシャルニュース

NAVER まとめ

Togetter

  • ドメイン取得年月日:2009 09 26 日 リンク種類:nofollow なし
  • http://togetter.com/

diigo(海外サイト)

検索エンジン系

検索エンジン系は、ただURLを登録するだけで被リンクがつくものです。ほとんどの検索エンジンがすぐに登録可能ですが、中には仮登録してから審査後に登録される検索エンジンもあります。まぁ、変なサイトでない限り普通に登録できるものなので、やっておいて損はないと思います

以下、登録できる検索エンジンの種類です。

Chibizo!JAPAN

新規登録106

無料登録できる検索エンジン

ショップサイトさんのご登録

コミュサイト

Chibizo!JAPAN

Google

bing

沖縄情報発信サイト

Q&Aサイト系

Q&Aサイトはユーザー同士が疑問に答え合うマッチングのサイトです。このサイトは、質問に答えれば普通にURLを貼ることができ、それが被リンクとなるからとても便利です。

Q&Aサイトの使い方は、誰かの質問に対して回答し、そこに参考サイトとして紹介するというのが自然なやり方です。そして、その回答が『ベストアンサー』を頂くことができればなお良い。

なぜならベストアンサーを頂ければ、多くの方の目に触れることができるし、そこからのアクセスも期待できますから。さらにベストアンサーは、半永久的に被リンクを得たことにもなるのでとても有効な被リンクとなります。なので、Q&Aサイトの回答はすべてにおいて真剣に答えること。回答に全く内容が無く、ただの被リンク目的は質問者が削除してしまう可能性がありますから真剣に答えるようにしましょう。

とはいえ、このサイトの注意点がひとつだけあります。それは、何度も同じサイトを紹介していはいけないということです。なぜなら、何度も被リンクを貼った場合、アカウント停止になることもあります(これは、かなりの確立で停止なる)。だから、参考サイトとして紹介するのは、ひとつだけにしておきましょう

以下、Q&Aのサイトを紹介します。

教えて!goo

人力検索はてな

Yahoo 知恵袋

OKWave

プレスリリース系

プレスリリースとは、各メディアに対しPRを目的としたサイトです。これがうまく行けば取材などの申し込みもあります。

プレスリリース系のサイトを利用する人は大抵、企業が多いですが、個人事業でも使えるのでその辺は問題ありません。また、使い方も説明欄にただ書いて送信するだけなので、自分のサイトを紹介したいときなどに大いに使えるサービスです。自分で被リンクをつけるには有効なサイトといえます。

以下、プレスリリースのサイトをまとめて紹介します。

「プレスリリースジェーピー」

プレスエクスプレス(飲食業界)

 ValuePress! 

AEROPRES

無料ブログ系

無料ブログは基本、どれでもいいし、自分で使い勝手のいいものを選ぶといいです。

無料ブログの使い方としては、無料ブログの記事の中から自分のサイトへリンクを飛ばすだけで被リンクがつくようになっています。とても簡単な方法なので絶対にやった方が良いと思います。ネット上には無料ブログは多数ありますが、僕がよく使う無料ブログを以下に紹介しておきます。

ブログ名 Page rank URL
アメブロ http://www.ameba.jp/
FC2 http://blog.fc2.com/contents/guide/
はてな http://hatenablog.com/
シーサーブログ http://blog.seesaa.jp/
ジュゲム http://jugem.jp/
ココログ http://www.cocolog-nifty.com/
ライブドア http://www.livedoor.com/
Excite http://www.exblog.jp/
忍者ブログ http://blog.ninja.co.jp/
gooブログ http://blog.goo.ne.jp/
ブログゥ http://blogoo.ne.jp/
ゴーヤードットネット http://blog.goyah.net/
タンブラー https://www.tumblr.com/

無料ブログを使う場合の注意点があります。

それは、1つの無料ブログから1つのサイトに何度(記事を複数書いて全ての記事から・・・)も被リンクを送るやり方は良くないということです。というのは、このようなやり方はGoogleからペナルティーを受ける可能性が高いのでお勧めしません。無料ブログを使って被リンクを得たいなら、1つのブログから、1つのサイトに1回の被リンクを送るようにしましょう

なお、無料ブログといえど記事のコンテンツはしっかりとした内容を書くことをお勧めします。

自分のサイト(ブログ)系

自分のサイトとは、今まで長年運営してきたサイトのことで、これにはブログ等も含まれます。

「長年運営してきた」というのがポイントで、長年使ってきたサイトからの被リンクは、とても強く、Googleは重要視するようです。なので、自分のサイトがオールドドメイン的なものを所有しているならば、絶対に被リンクを送るべきです。

因みに、オールドドメインを購入し、そこからサテライトとして被リンクを送る方もいますが、個人的にはそのような方法はオススメしません。地道に自分で構築したサイトやブログから被リンクを送る方が自然なので、できるだけ自分の所有しているドメインから送るようにしましょう。

SEOに即効性はないので、地道にコツコツとする方が正攻法といえます。

YouTube(動画)系

最近のことですが、動画の説明欄からも被リンクを得ることがわかりました。実際にサーチコンソールで調べたところ、YouTubeからの被リンクがあることがわかったのです(以下の画像を参照)。

YouTubeからの被リンク

YouTubeから被リンクを得るには、自分で動画を作成し、その動画の説明欄から被リンクを送ります。

僕のこのWordPress指南書では、動画での解説もあるので、そこから記事にリンクを貼っていました。そしたら、そのリンクがサーチコンソールにひろわれているのです。

ってことは、これは立派な被リンクになっているということです。これは、動画を増やせば増やすだけ被リンクを増すことができるということになるので、やっておいて損はないでしょう。但し、無意味な動画やコピペ動画からの被リンクではなく、自分の記事とマッチした動画からの被リンクがいいように思えます。その辺は、しっかりした動画コンテンツを作成すればいいだけの話しなので、面倒くさがらずに動画作成することをお勧めします。

因みに、動画でコンテンツを作成したら、その動画がSEOで上位表示されることが希にあります。なので、ノウハウ系や何かスキルを教える系であれば、動画を作成しアップロードするとブログのコンテンツにも動画のコンテンツにも良いかもしれません。

番外編の外的SEO

これは被リンク云々という話しではありませんが、外的SEOに有効だろうという仮説のものがあります。それが『Google+』での投稿です。

この Google+ の投稿には、ちょっと面白い現象があります。それは、Googleアカウントを持っている人に対し、積極的にGoogle+のタイムライン記事を検索結果で上位表示してくれるというものです。これはSEOというよりは、コンテンツマッチに近いものだと思いますけど、まぁ、Google+は無視できないソーシャルメディアというのを心にとめておきましょう。

まとめ

よくホワイトハットとかいって、自分では被リンクを貼らない人もいるようですが。しかし、僕の考えは違います。自分で送る被リンクは全然有効だし、自分で貼る被リンクは自然なものであれば、いいと思います。

「自作自演はブラックハットだ〜」なんていう如何にも悪そうないい方をする人もいるけれど、自分のサイトから自分のサイトへのリンクを送るのは、ごく普通のことなので問題ありません。

また、いくら自作自演といっても、わずか1つからの被リンクなわけだから、その辺はペナルティーの対象にはならないです。Googleのペナルティーは、不自然な被リンクを大量に送られたときだけになる罰のようなものなので、その辺を誤解しないようにしましょう。そう、あのSEO対策というキーワードを生業にしているSEO業者とかいうペテン師のやつらがやる被リンク手法が悪い手法なのです。

巷にはSEOコンサルタントなんていう職業があるそうですが、あれほどサギのような仕事はないと思います。まぁ、そんな奴らにSEOを頼むくらいなら、上で紹介したサイト集に自分で被リンクをするだけでSEOで上位表示されるのでオススメです。

SEOって地道に、コツコツと、そして自分でやるものです。良いコンテンツを作成しておけばあとは勝手に被リンクも貼ってくれます。その辺をぶれずにやっておけば、必ず上位表示できますので諦めずにがんばりましょう。

今回のは自分でやる被リンク集でした。是非、有効に活用して下さい。