ども、Kiyoです。

記事のタイトルは重要です。なぜなら、記事タイトルひとつでクリックするかどうかが決まるからです。

例えば、

  1. 美白液 比較 通販
  2. 試せばわかる!塗ってわずか1週間で効果がでる美白液 5選

このような記事タイトルだったらどうでしょうか。おそらく、「2」をクリックする方が多いと思います。これは単純に、記事タイトルが魅力的であり、読みたくなる欲求にかられるからです。

思わず、クリックしてしまうでしょう。

記事タイトルには、このように読むだけで思わずクリックしたくなるテクニックは必要です。では、思わずクリックしたくなる記事タイトルを付け方にはどんなテクニックがあるのでしょうか。

今回は、記事タイトルの付け方のテクニックについてポピュラーな奴をまとめて8つ紹介していきます。

記事タイトルに数字を入れる

記事タイトルには数字を入れていきましょう。

理由は、数字を入れると具体性が増し、説得力が高まるからです。

例えば、

「痩せる!酵素ダイエット」よりは

  • 30日で痩せる!酵素ダイエット
  • 毎日1杯のコップで痩せる酵素ダイエット

の方が具体的ですよね。

このように数字を入れるとイメージがしやすく、しかも、やるべき事が明確になるので説得力が増していきます。

人は、モヤモヤとした表現よりはハッキリと言われた方が説得される確率は高まります。なので、記事タイトルの付け方としては数字をいれるようにしましょう。

感情的な表現を付け加える

記事タイトルに感情的な表現をいれると読む人が感情的に刺激をうけ、読まれる確率が高まります。

例えば、「30日で痩せる!酵素ダイエット」よりは、

  • え!?30日で痩せる酵素ダイエット?

の方が読まれると思いませんか?

人は感情的な表現をみれば、感情が動くものです。

とくに興味がある内容なら尚更です。なので、記事タイトルの付け方としては感情的な表現をとり入れるようにしましょう。具体的なテクニックとしては「!」や「!?」などの記号に加え、「え!?」「マジ!?」「ウソ!?」「ホント?」のような感情的な言葉です。

このような表現を記事タイトルに付け加えると感情的なタイトルに仕上がります。

記事タイトルにひと工夫をいれて読まれるような記事タイトルに仕上げていきましょう。

擬音語を記事タイトルに入れる

上の感情的な表現と似ていますが、擬音語も有効なテクニックのひとつです。

例えば、「神戸産のお肉」というよりは、

  • ジュージューと肉汁が溢れる神戸産のお肉

の方が臨場感が出ている気がしませんか?

このように、ちょっとした擬音語を追加するだけで記事タイトルが活き活きとしてきます。また、読みたいという欲求もでてくるでしょう。擬音語は耳という五感を刺激するテクニックなので誰が見ても、思わずイメージしてしまうのです。

擬音語を使った記事タイトルの付け方としては、実際に起きている音を言葉にするといいかもしれません。

  • ゴクゴク
  • ジュージュー
  • ブヨブヨ
  • シュワッと
  • ドーンと
  • ガッツリ
  • ギュッと

擬音語は他にもたくさんありますので、雑誌の記事やニュースのタイトルなどを参考にして集めておくといいです。

読者に質問を投げかける

読者に質問を投げかけるのも有効な記事タイトルです。

例えば「酵素でダイエットする方法」よりは、

  • なぜ、酵素でダイエットが可能なのか?
  • 酵素ダイエットの注意点を知っていますか?
  • アラフォーでも痩せる酵素ダイエットとは?

この方が、読みたい欲求がわき出てくるでしょう。

人は質問を投げかけられると、思わず答えを探したくなります。その結果、記事を読まずにはいられない衝動に駆られるのです。なので、記事タイトルの付け方としては質問を投げるようなタイトルをつけていきましょう。

なお、「?」という記号を使うとより効果的ですよ。

比較を表現するタイトルは読まれる

比較する表現のタイトルは、上で書いた「質問を投げかけるタイトル」と同じ効果があります。つまり人は、比較を提示するとどっちがお得なのかを判断したくなるわけです。

例えば、

  • ジョギングと酵素ダイエットはどっちが痩せるか?
  • 酵素ダイエットと玄米ダイエットの違いは?
  • 運動と食事管理のダイエット、どっちがいい?

など、比較されるとつい答えを知りたくなるわけです。

もし、記事のコンテンツに比較できる要素があるならそれを記事タイトルとして表現していきましょう。

因みに、記事タイトルの付け方としては、両極端のものを比較するか、話題になっているものを比較するとより効果的です。

緊急性や限定性、希少性を入れる

人は限定や希少性に弱いものです。この心理は記事タイトルにも応用できます。

例えば、

  • ポイント3倍は明日までです!
  • 残りわずか。今だけ神戸産のお肉30セット
  • こっそり教えます!格安で海外旅行する方法

などのような記事タイトルだと、つい読んでみたくなるでしょう。

このように緊急性や限定性、希少性を記事タイトルに入れれば人は行動をしてしまいます。新しいもの好きやレアなものであれば、上のような記事タイトルの付け方はとても有効です。

簡単、努力なし、楽を表現する

人は努力したくない生き物です。

なので、できるだけ簡単に、楽して物事を済ませたいと思います。

例えばダイエットなどもそうでしょう。

「1日で10kmを走ってダイエットする方法」よりは、
「1日3粒を飲むだけで楽々ダイエット」の方が響くはずです。

まぁ、これが人の為にはならないのは重々承知していますが、しかし、反応がとれるのも事実です。なお、記事タイトルの付け方としては、誇大表現をするのではなく雰囲気で簡単や楽を表現するといいでしょう。

記事タイトルを読むだけで、

  • 簡単そうに見える
  • 努力がいらない
  • 楽そう

を、表現できることが理想です。

読者が使っている言葉を使う

これは記事タイトルだけじゃなく、記事コンテンツも同様のテクニックです。

例えば、「大変だ!英語ができないと集力活動ができない?」よりは

  • これはヤバイ!英語ができないと就活がうまくいかない理由

にした方が、親近感が湧きますし、何より普段から使っている言葉なので頭にスッと入ってきます。

思わずクリックして読みたくもなるでしょう。

このように普段から読者が使っている言葉を代弁してあげると、共感がよべる記事タイトルになります。

なお、ここでの記事タイトルの付け方は、Q&Aサイトを見て、読者が使っている言葉をリサーチして単語や文章を収集するといいです。その収集した言葉を使って、記事タイトルを作成していきます。これだけで、魅力的な記事タイトルに仕上がりますので、面倒くさがらずにリサーチを行っていきましょう。

まとめ

記事タイトルは、一番はじめに目に付くものです。

これがしっかりとできていないと、誰もクリックはしてくれません。結果、誰も記事を読んではくれません。

これではせっかくのコンテンツも台無しです。なので、記事タイトルを作成する場合は、今回ご紹介した8つのテクニックをつかって、しっかりと作っていきましょう。

なお、今回の記事タイトルの付け方には8つのテクニックがあって、それをまとめると以下の通りとなります。

  1. 記事タイトルに数字を入れる
  2. 感情的な表現を付け加える
  3. 擬音語を記事タイトルに入れる
  4. 読者に質問を投げかける
  5. 比較を表現するタイトルは読まれる
  6. 緊急性や限定性、希少性を入れる
  7. 簡単、努力なし、楽を表現する
  8. 読者が使っている言葉を使う

このテクニックをつかって、是非、記事タイトルを考えてみてください。

普段、適当につけている記事タイトルの付け方とは違い、より読者に共感が得られる記事タイトルを付けることができます。

参考になれば幸いです。

関連記事はこちら