僕がGoogleのSEOを予測するためにしている6つのこと

ども、Kiyoです。

ワードプレスでブログ運営をする際、SEO(Search Engine Optimization)は欠かせない知識です。しかし、このSEOは日々、進化を遂げていますし、日々変わりつづけています。

なので、SEOからのアクセスを主としている人は、SEOについて常に学びつづけなければいけません。その際、どんな情報に触れるかが一番大事なことですが、如何せん、情報過多の時代なので何をみていいか迷うかもしれません。

そこで今回は、僕がやっているSEOを予想するための6つの情報源を紹介したいと思います。

そもそもSEOに正解はない

SEOに関する6つの情報源をお話しする前に、少しばかりSEOについて語ってみようと思います。

まず、そもそも論ですが、SEOに正解はありません。なぜなら、SEOは常に変化をしていますし、SEOを牛耳っているのはGoogleという1強だからです。ですから、SEOの正解を有しているのはGoogleだけということになります。僕らは本当の意味でSEOの正解を得ることはできません。

とはいえ、気負いすることはありません。なぜなら、GoogleはSEOに関するポリシーついてヒントを与えてくれています。

そのポリシーは、2011年5月6日にGoogle公式ブログで発表されました

More guidance on building high-quality sites

内容は英語版ですが、23個の質問が書かれています。これに添ってサイト作成をすれば、高品質なサイトを作ることができますし、且つSEO対策になるといっても過言ではないでしょう。

SEOの動向を予想する為の6つの情報源とは

Googleの23の質問は高品質のサイト作成の指標になるので、とても有益な情報です。ですが、日々、変わりつづけるSEOは、今、どんな動きをしているかを知る必要があります。しかし、答えは誰も知らない。そこで、自分なりに調べて予想するしか方法がありません。

僕が、SEOの動向を予想するためにしていることは6つの情報をチェックすることです。このチェック内容を融合して、そして自分なりの答えを見つけて、で、最後はテストを行うわけです。その結果をみて、また考え、次に繋げています。

今回は、そのチェックする6つの情報源を暴露していこうと思います。これからSEOの勉強をしたい方やSEOを予想したい方は参考にしてみてください。

1,海外SEO情報ブログをみる

もう、SEOといったらコレですよね。

海外SEO情報ブログ

海外のSEO情報やその状況を解りやすく教えてくれるブログです。おそらく、SEOコンサルタントやSEOで稼いでいるアフィリエイターなども参考にしていることでしょう。ここで書いていることをサービスや教材にして高額で販売している人もいるわけですし、かなり有効なSEOの情報を知る事ができます。

このブログを毎回チェックする必要はありませんが、為になる情報源ですのでチェックしておきましょう。

2,Googleアラートを登録する

Googleアラートという機能があります。

Googleアラートとは、Googleが提供しているサービスで、これはユーザーが指定したキーワードに関するウェブやニュースのコンテンツを電子メールに通知する機能です。つまり、得たい情報を得るための情報収集ツールということになります。

例えば、僕が「SEO」というキーワードをGoogleアラートに登録しておけば、SEOに関する情報が僕のメールにくるという仕組みです。かなり便利なので、SEOに関する情報を知りたかったらGoogleアラートを活用するといいでしょう。

→ Googleアラートはこちら

3,自分のサイトを検索してみる

実際のSEOの動向を知りたければ、単純に自分のサイトを検索してみるのも立派な情報源です。実際の検索結果をみて、それを細かく分析していきます。そうすることで共通点や法則的なものが見えてきます。

最近の例でいえば、自分のサイトよりも低品質なコンテンツの順位が上がっていた場合やGoogleが記事タイトルを勝手に変更した場合(最近はほとんどみかけませんが)などです。

このようなSEOの変化を見て「なぜ」を追求すれば自ずと答えはみえてきます。

まぁ、答えといっても自分なりの答えなので完全な正解ではありませんが。しかし、少なくとも方向性はみえてくるはずです。それだけでも、サイト作成やコンテンツ作成の指標となります。

なお、検索するときには注意が必要です。

自分のサイトを検索するときは、ブラウザをプライベート仕様(Macではシークレットウインドウ)にしてから検索しましょう。でないと、正しい検索結果にはなりませんので注意が必要です。

4,自分のサイト「以外」を検索してみる

自分のサイトを検索して分析してみたら、他者のサイトも検索してみるといいでしょう。ここで言う他者とは、ライバルや参考にしているサイトのことです。

ひとつ例を挙げれば、僕の場合「バズ部」を参考にしています。バズ部は最近、サイトデザインを変更したり、記事のタイトルを短くしたり、ディスクリプションなどもしっかりと書いてきたなど、以前と比べて何かと変化がありました。その変化を「なぜ」で分析していくことで、見えてくるものがあります。

で、その見えてきたものを踏まえて、「3」で紹介したことやその他の検索結果と照らし合わせて分析することで、共通点や法則などが見えきます。

実際の検索結果は、まさにそこの答えがでているようなものです。その検索結果を見て、変化に気づいて、考えるという努力をするといいでしょう。自分のサイトと他者のサイトの検索結果はとても有益な情報源というわけです。

なお、情報収集にはGoogleアラートを使用すると便利ですよ。

5,現役アフィリエイターの意見をきく

SEO情報を集めるのにアフィリエイターの意見を僕は大事にしています。

アフィリエイターといっても、現役にアフィリエイトしている人のことで、実際に稼いでいる人達です(アフィリエイト教材を情報販売している人ではないので誤解のないように)。

彼らは、マジで凄いですよ。

現役アフィリエイター達は、インターネットという戦場でSEOを駆使して戦っている戦士みたいなものです。だから、いろんなテクニックをしっているし(ホワイトもブラックも)、いろいろと学んでいる事でしょう。

逆に、現役アフィリエイターとは対照的にSEOコンサルタントというのもいます。彼らは、SEOの知識は豊富ですが、実際にSEO対策などはしていません(クライアントを使って実験しているような人達ですよ)。個人的には、SEOコンサルタントというような類はペテン師と思っていますので、あまり彼らの言うことに僕は耳を貸しません。

もう少し解りやすくいえば、アフィリエイターは兵士みたいなものです。実際に現場で戦っているので、実戦を知っている人だといえます。一方、SEOコンサルタントはただの傍観者です。知識は豊富かもしれませんが、実戦経験がなくて、ただ応援しているチアリーダー的な存在です。

さて、あなたに質問です。

あなたが戦場で命を落とすかもしれない状況になった場合、パンツを見せながらただ応援しているチアリーダーからアドバイスを受けたいですか。それとも、実戦経験を積んだ兵士からアドバイスを受けたいですか。

その答えを考えれば、自ずと現役アフィリエイターの意見もなかなかのもんだと思うはずです。

アフィリエイターの中にはSEOの知識に疎い人も当然いますが、中には真っ当な人もいるので、その辺を見極めて情報収集するといいです。

6,Googleのブログを確認する

Googleには公式ブログがあります。このブログはウェブマスターの為のブログで、高品質のサイト作成に役立てるよう、為になる情報が多々あります。それを随時、チェックするといいです。

Google曰く、高品質のサイト作成はSEOにも効果的だといっています。であるなら、まずは高品質のサイトづくりを目指すべきだと思うのが、僕の意見です。その上でどんなテクニックがあるのかを他の情報源からも学んでいきます。

Google公式ブログのURLは、先にも紹介しましたが改めて以下にリンク先を貼っておきます。

Google公式ウェブマスター・ブログ


以上が、僕がSEOの動向を予想する為に得ている6つの情報源です。

もちろん、他にも情報源はあると思いますが、僕は基本、この6つから情報を得ています。そして、SEOに対してどうあるべきかを考えるようにしています。

SEOは基本、仮説と検証です。

SEOについて正しい情報は得られないので、仮説を立てるしかないわけです。そして、あとは検証するのみです。仮説と検証の繰り返しということですね。

とてもシンプルなパターンですが、SEOの動向を予想するには大切なことだと思います。

では、また。