コンテンツマーケティングの本

昨今のSEOは、記事数や文字数の多い方が上位表示される傾向があるようです。

その為、やたら長い記事や無駄に画像が多い記事が最近は増えてきましたね。いずれもSEOを意識してのことですけど、果たしてSEOに効果的な記事数と文字数はどのくらい必要でしょうか。

今回は、このSEOと関連している記事数と文字数について考えてみたいと思います。

SEOの上位表示に最適な記事数と文字数

巷では、ブログは100記事書けば何とかなる的なものが多い気がします。また、文字数も何かのルールがあるのか、皆同じ事を言っていて最低500文字以上あればいいというのもありますし、2000文字という方もいます。

「数」というものを明確にはできませんので絶対的な正解はありませんが、少なくとも何かしらの判断基準は必要でしょう。そこで、記事数と文字数にわけて、掘り下げてみようと思います。

SEOに最適な記事数とは

個人的に思うSEOに効果的な記事数とは、

  1. 求められているトピック数
  2. トピック数を広げた記事数

の2つです。

ここではとくに「求められている」というのが重要です。

例えば、とあるテーマについて作成する記事数はというと、10記事で良い事足りるかも知れないし、100記事以上は必要という場合があるでしょう。それは、テーマにもよりますし、且つ、市場が「求めている」というニーズ性にもよります。

つまり、SEOに効果的な記事数とは、求められている数(ニーズ)だけの記事数が必要だということです。

まぁ、解りやすいように、100記事といえばそれを目的にできますが、実はそれでは不十分なのですね。記事数を目的にするのか、それとも求められている数を目的にするかでは、全然結果が違いますし、手段と目的がバラバラではいけないということです。

なお、求められているニーズを知りたい場合は、リサーチしかありません。リサーチするにはGoogleのキーワードプランナーでもいいですし、サジェストキーワードをひろっても良い。あとは、自分の中から絞り出してもいいですね。これらを統合して記事数を決めていけばいいと思います。

SEOに最適な文字数とは

記事数と同じく、文字数もSEOには欠かせない指標です。とはいえ、最適な文字数というのが実は正解がありません。巷では500文字〜2000文字らしいのですが、はたして本当でしょうか。

個人的に思うことは、文字数も記事数と同じく「求められている」が肝と思います。なので、あまりダラダラと長すぎてもいけないし、かといって言葉足らずの短すぎるのもいけないというわけです。

では、どのくらいの文字数が最適でしょうか。

それは、

  • 求められているだけの文字数
  • コンテンツに抜けがない程度の文字数
  • シンプルで解りやすい文字数

以上です。

まぁ、これは数値化していないので抽象的な表現になっていますが、しかし、無理に数値化してしまうと、無意味なコンテンツが仕上がってきますし、そもそも目的がちがってきますからね。そうならない為にもやはり「求められている」が大事でしょう。

なので、求められている文字数が1万文字ならそれだけ書けばいいし、100文字ならそれで十分だということです。文字数が、多い少ないは関係ないというわけです。

例えば、僕のこのブログでいえばこちらの記事「ワードプレスのフッターをCopyright(C)に表示して著作権を守る方法」はかなり短い文章です(1000文字弱)。ですが、SEOで1位を取得している記事ですよ。

内容もそれほど、難しいものではなく、ダラダラ書いてもいません。おそらくGoogleが適切な長さであると判断しているからSEOで1位を表示させてくれているのでしょう。

このように、文字数はただ多ければいいと言うわけではなく、読む側にとってどれだけ解りやすく、且つシンプルにしているかが大事だと思います。

因みに、文字数をカウントするなら便利なツールがあります。
↓↓
文字数カウント

まぁ、文字数は気にすることはないですが、どうしてもって方は上のサイトを使って文字数を確認するといいでしょう。

因みに今回の文字数は上の段落までで「1683文字」でした。