Pocket

ワードプレスでは毎年、デフォルトテーマを新しく作成し発表しています。

今年は2017年ですので、「Twenty Seventeen」という名前で提供されていますね。このTwenty Seventeenはいろんな意味で刷新され、これまでのデザインとはちょっと違います。正直、オシャレな感じです。

Twenty Seventeen

Twenty Seventeen は、没入感のあるアイキャッチ画像と繊細なアニメーションを用いて、サイトに命を吹き込みます。ビジネスサイトにフォーカスをあて、ウィジェット、ナビゲーション、ソーシャルメニュー、ロゴ等はもちろんフロントページの複数のセクションを目立たせます。カスタム配色で非対称のグリッドの個性を出し、投稿フォーマットでマルチメディアコンテンツを際立たせます。2017年のデフォルトテーマは、多くの言語において、どんな才能に対しても、どのようなデバイスでも、うまく動作します。
引用:https://ja.wordpress.org/themes/twentyseventeen/

個人的に Twenty Seventeen が良いと感じた部分は、シンプルなデザインに加え、トップの画像に動画を挿入することができる所です。ファーストビューに動画が見られるのは、かなりのインパクトがありますし、群を抜いたサイトに仕上がります。また、これまでにないワードプレスのテーマだったので、こうしてデフォルトテーマとして出てきたのは嬉しいですね。

正直、僕はこのようなテーマを探していたので、今後は他のサイト作成する際に使ってみようと思います。

さて、何かと気になるTwenty Seventeenですが。デフォルトテーマによくあるフッター「proudly powered by wordpress」の部分が気になります。この部分をカスタマイズしようと思います。

Twenty Seventeen のフッター「proudly powered by wordpress」をコピーライトにする方法とは

さて、単にカスタマイズといっても削除するだけではもったいないです。

以前にも「proudly powered by wordpressを消す方法」と「フッターをCopyright(C)に表示して著作権を守る方法」に書いた通り、フッターの proudly powered by wordpress にはコピーライト表示が適しています。そこで、以下から proudly powered by wordpress をコピーライト表記にする方法をお教えします。

proudly powered by wordpressをコピーライト(C)にカスタマイズする方法

Twenty Seventeen のフッターのカスタマイズは少し変わっています。これまでワードプレスのフッターをカスタマイズする時は、ワードプレスの管理画面から直接行うことができましたが、今回はFTPを使わないといけないです。

なので、カスタマイズするならFTPソフトからアクセスを行いましょう。

実際にアクセスする方法は以下の手順です。

twentyseventeen > template-parts > footer > site-info.php

すると以下の画像のようにhtmlタグが表示されますので、その中の13行目を削除し、コピーライトに変換するタグを追加します

Twenty Seventeenのフッターをコピーライトにカスタマイズする方法

コピーライトのタグはこちら。
↓↓

Copyright (C) <a href="<?php echo home_url( '/' ); ?>" title="<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name', 'display' ) ); ?>" rel="home"><?php bloginfo( 'name' ); ?> </a>All Rights Reserved.

タグを追加したら更新します。そうすればTwenty Seventeenのフッターは見事、コピーライト表記にカスタマイズされています。

以上がTwenty Seventeenのフッターをカスタマイズする方法です。

なお、動画でも今回のカスタマイズ方法を解説していますので、よかったらご試聴ください。

Pocket

SPONSORED LINK