Search Console(サーチコンソール)に登録する方法 | 動画解説あり

Search Console(サーチコンソール)に登録する方法 2

今回はワードプレスをSearch Console(サーチコンソール)に登録する方法を紹介する。

Search Consoleへの登録はSEO対策に良いし、コンテンツを素早くインデックスしたいなら必須の手順だ。また、Search Consoleに登録すればサイト運営の改善点も明確になる。つまり、アクセスアップにも繋がるので、ワードプレスを運営するならSearch Consoleは登録しておこう。

Search Console(サーチコンソール)に登録する方法

Search ConsoleはGoogleのサービスで無料で使える。登録方法もとても簡単だ。以下から登録手順を動画と画像付で解説していく。

動画:Search Console(サーチコンソール)登録方法

画像で解説:Search Consoleに登録する方法

Search Consoleにサイトを登録する手順は以下の6つ。

  1. Search Consoleにログイン
  2. サイトを追加
  3. 所有権の確認
  4. サイトマップ送信
  5. 対象国の設定
  6. 優先サイトの設定

手順1 Search Consoleにログイン

まず、Search Consoleにアクセスしよう。
GoogleのSearch Console

※事前にGoogleアカウントを取得し、アクセスしておいてください。

手順2 サイトを追加する

Search Consoleにアクセスすると以下の画面になる。この右上の「サイトを追加」をクリックし、あなたのサイトURLを入力する

Search Console(サーチコンソール)に登録する方法 1

Search Console(サーチコンソール)に登録する方法 2

URLを入力したら『続行』をクリック。そうすると、以下のHTMLタグが出てくるのでコピーする。

サーチコンソールのHTMLタグをコピーする

手順3 所有権の確認

手順2でコピーしたHTMLタグは、ワードプレスのヘッダー(CSS)のセクション内に貼り付ける。貼り付ける箇所はワードプレス管理画面から、

外観 > テーマ編集 > テーマヘッダー

に入って「<head> 〜 </head>」の間の部分だ(以下の画像を参照)。この間であればどこでも構わないが、個人的にはヘッダーのすぐ下あたりが一番いいと思う。

コピペしたら「更新」をクリック。そして、Search Consoleの画面に戻り、「確認」をクリックする

すると、緑色したチェックマークと「所有権を確認されました」が表示される。これでサイト登録は完了だ。次に、いくつか設定を行っていく。

補 足

『所有権の確認』ときのHTMLタグは、プラグイン『All in One SEO Pack』を使っても設定できる。このプラグインを活用したやり方はこちら『All in One SEO Packの使い方』でご確認を。また、ワードプレスのテンプレートによってはテンプレート内で設定できるものもあるので、事前に確認しておこう。

手順4 サイトマップ送信

次にサイトマップの送信を行う。サイトマップの送信にはプラグイン『Google XML Sitemaps』が必要だ。こちらのプラグインを事前にインストールしておくといい。なお、インストール方法は以下の記事で確認するといいだろう『サイトマップ送信するプラグイン『 Google XML Sitemaps 』のインストールと設定方法』。

では、プラグインがインストールされている前提でSearch Consoleの設定を解説していく。

まず、左のメニュー欄にある「クロール」から『サイトマップ』を選択する。その後、右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリックする

サイトマップの送信

クリックすると以下のようにポップアップされるので、この枠の中に「 sitemap.xml 」と入力し、「送信」をクリックする

サイトマップの登録

送信をクリックし、以下のようになったらサイトマップ送信は完了だ。

手順5 対象国の設定

次に対象国の設定だ。こちらはサイト運営が日本ならちゃんと設定しておこう。設定方法は、左のメニューから「検索トラフィック」を選択し、この中の『インターナショナル ターゲティング』を選択する

ターゲットユーザー地域を『日本』に変更

そうすると以下の画面になるので「国」のタブを選び、「ターゲットユーザー地域」にチェックターゲットユーザー地域を『日本』に変更し保存をクリックする。これで対象国の設定は完了だ。

インターナショナル ターゲティング』を選択する

手順6 優先サイトの設定

Search Consoleの最後の設定だ。ここではアクセスされるサイトURLの設定を行う。サイトのURLには実は2つあって、ひとつは http://www.○○○.com のような「www付き」ともうひとつは http://○○○.com のような「www」が付かないURLがある。

これらは同じサイトだが、しかしGoogleではどうやら違うサイトとして認識されてしまうようなのだ。仮に違うサイトとして認識された場合、どちらかがコピーサイトと誤認され、ペナルティーもしくはSEOの下落に繋がってしまう。それを防ぐために、この『優先サイトの設定』を行うわけだ。

優先サイトの設定の手順は、右にある設定マークをクリックすると『サイト設定』がでてくるのでそれをクリックする。

サイト設定する

クリックすると「使用するドメイン」がでてくるので、URL を「www」が付かない方を選択し「保存」をクリックする。 これで優先サイトの設定は完了だ。

サイト設定を「 wordpress999.info と表示」にする

以上で、Search Consoleの登録は完了だ。

サイト登録は「www付き」と「wwwが付かない」URLを2つ行え!

手順6の方でも解説したが、サイトのURLには「www」が付くのとそうでないものの2つがある。だから、優先サイトだけの設定では、Googleの検索エンジンが誤解してしまうかもしれない。なので、2つのサイトURLとも所有権は同じということを認識してもらうために「www付き」のURLと「wwwが付かない」URLの両方を登録する必要がある。

登録方法は基本、これまでの手順と変わらない。なので、同じ作業を「www付き」と「wwwが付かない」サイトURLを登録しておくといい。この辺は動画の方でも解説しているのでご覧いただければと思う。

以上が『Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録する方法』だ。ちょっと設定の手順は多いが、とくに難しくはないので是非、チャレンジしてみてほしいと思う。

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。