ワードプレスの記事に関連記事を表記させる方法

関連記事の表記

ワードプレスを運営するにあたって関連記事の表記は重要だ。その理由は総アクセス数が増えるからだ。つまり、関連記事を表記させることによって、他の記事にも興味をもってもらい、読ませることができるというわけだ。結果、SEO的にも効果が高い。

しかし、ワードプレスにははじめから関連記事が表記されるようにはなっていない。有料テーマなどではオプション機能として付いている場合もあるが、大抵のワードプレスのテーマには付いていないはずだ。そんな場合はプラグインで対処する。

関連記事を表記するプラグインで代表的なのが「Yet Another Related Posts Plugin」だ。今回は Yet Another Related Posts Plugin のプラグインの設定方法を紹介しよう。

動画:関連記事を表記するプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法

以下では動画でプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法を解説している。

Yet Another Related Posts Plugin の設定方法

ここからは設定方法を画像付きで解説していく。

1,ワードプレスの管理画面にある「設定」から、「YARPP」を選択する。

まず、Yet Another Related Posts Plugin をインストールする。プラグインのインストール方法は以下の記事を参考にしてほしい。

→ プラグインをインストールする方法

Yet Another Related Posts Pluginをインストールする。

プラグインをインストールしたら、まずプラグインにアクセスしよう。アクセスする方法はワードプレスの管理画面のサイドバーの「設定」からだ。この中の「YARPP」を選択し、クリックをする。

Yet Another Related Posts Pluginを設定する

2,「表示する最低関連スコア」を設定する。

クリックしたら関連スコア設定の中の「表示する最低関連スコア」を設定する。

Yet Another Related Posts Pluginを設定する2

ここでの設定は、記事と関連する度合いを意味している。つまり、数字を高く設定すれば、記事との関連度が低くなるし、低く設定すれば関連度が高くなるということだ。なので、記事数が少ない場合は、低い数字に設定しておくと良いだろう。個人的にははじめは「1」とか「2」でいいと思う。記事数が増えてきたら、あとで数字を高く設定すればOKだからだ。

3,記事数とタイトルを設定する

ここでは「一度に表記する関連記事数」と「タイトル」を設定する。まず「一度に表記する関連記事数」とは、関連記事が表記される数だ。デフォルトでは「4」になっていますので、関連記事は4つとなる。これは10個でも設定できるので、ご自分のブログのレイアウトに合わせて設定していこう。

次に「タイトル」の設定だが、タイトルにはデフォルトで「<h3>Related posts:</h3><ol>」と設定されている。これは関連記事の英語表記で、このままでもとくに問題はないが、この部分を日本語にしたいなら「Related posts:」の部分を日本語に変更するといい。個人的にお薦めの変更は『関連記事はこちら』という文言だ。英語よりは理解しやすいと思う。以上、設定が完了したら「変更を保存」をクリックすれば完了だ。

Yet Another Related Posts Pluginの設定4

なお、現在は関連記事のプラグインは使っていない。なぜなら、僕が使っているテンプレートは有料のもので関連記事を表記する機能が最初から付いているからだ。

因みに僕が使っているテンプレートは「賢威テンプレート」。詳しく知りたい方はリンク先を確認してほしい。今回の記事は、デフォルトで提供されているワードプレステーマを使った方のみを対象としている。参考になれば幸いだ。

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。