ワードプレスをプラグインでAMP化する方法です。

Googleが正式導入を決定した『Accelerated Mobile Pages』、通称AMPですが、今やウェブ業界で話題となり、その対策に追われているところも多いようです。中には既に、AMP化を済ませているところもあり、Twitterやアメブロ、exciteニュースなどはいち早く導入しています。

今後のブログ運営やコンテンツSEO対策、コンテンツマーケティングなど、AMP対策するサイトも増えてくると思いますが、では、ワードプレスをAMP化するにはどうすればいいでしょうか。

今回は、そのワードプレスのAMP化について手順を紹介したいと思います。

そもそもAMPとは何か

AMPを解説するにはGoogleの公式ブログを見るといいでしょう。

AMPとは

で、その中でも以下の一文が解りやすいです。

Accelerated Mobile Pages は、読み込みを高速化しさらに快適なユーザー 体験を追求するため、さまざまな技術的手法を活用してコンテンツをほぼ瞬時に読み込めるようにした HTML ページです。

それを踏まえてザックリと申しますと、モバイルの表示速度を極限まで高めて、検索ユーザーに対し、いち早くコンテンツを提供するということです。

まぁ、Googleの意向としては、今後はモバイルファーストで検索エンジンの対策も必要だということですね。

ワードプレスをプラグインでAMP化する方法

さて、AMPが何となく解ったところで、実際にワードプレスでAMP化する方法を解説していきます。

ワードプレスのAMP化するには、プラグインを導入すると簡単にAMP化できます。導入するプラグイン名は「AMP」です。

ワードプレスをAMP化するプラグインです。WordPressの公式プラグインです。

こちらのAMPプラグインは、ワードプレス公式プラグインなので、互換性があり、安心して使用することができます。

では、実際に以下から手順を紹介していきます。

手順1、プラグイン「AMP」を導入する

まず、「AMP」のプラグインをインストールします。

ワードプレスのプラグイン管理画面から「AMP」と検索します。するといくつかプラグインがでてきますが「AMP」というプラグインを選択しましょう。選択したら「今すぐインストール」をクリックします。

ワードプレスをAMP化するプラグインをインストールします。

クリック後、「有効化」をクリックします。設定はこれで完了です。

AMPのプラグインには特別な設定はなく、ただ有効化するだけでいいです。なので、これで設定は終了となります。ただ、次の手順だけは済ませておいてください。

手順2,パーマリンク設定で変更を保存する

AMPのプラグインをインストールしたら、Rewriteルールを“フラッシュ”させるために、次の手順を行わなければいけません。

まず、ワードプレスの管理画面から「設定」をクリック。

ワードプレスをAMP化する為にパーマリンク設定を行います。

次に「パーマリンク設定」をクリックし、何も変更しないまま「変更を保存」をクリックします。

ワードプレスをAMP化する為にパーマリンク設定で変更せずに保存をクリックします。

これでワードプレスのAMP化は終了です。

このパーマリンク設定ではとくに変更はしないので、パーマリンク設定画面にいったら、ただ「変更を保存」だけをクリックしてください。

AMP化されたページへアクセス

プラグイン「AMP」をインストールしたら、実際にAMP化されたページにアクセスしてみましょう。アクセス方法は2種類あります。

  • URLの終わりに『 /amp/ 』を付ける
    URLの終わりに『 ?amp=1 』を付ける

いずれの方法でもAMP化されたページにアクセスできますので、試してみてください。なお、ワードプレスの場合、個別ページやトップページのURLではなく、投稿ページで試すようにしましょう。

ワードプレスをAMP化したらやるべき3つの事とは

プラグインをインストールしてワードプレスをAMP化したら、やるべき事が3つあります。それを以下から紹介していきます。

1,サーチコンソールで「Fetch as Google」から登録する

ワードプレスをAMP化したら、AMP化されたページを早めにインデックス登録させるために、サーチコンソールから登録を行っていきます。

まず、サーチコンソール内の「Fetch as Google」からAMP化されたページを登録します。実際の手順は次の通りです(ここでは別サイトを登録した手順を紹介します)。

まず、AMP化されたページのURLをコピーします。次に、サーチコンソールのクロール欄から「Fetch as Google」を選択します。そして、登録したいURLを『 /amp/ 』込みで入力(コピペ)します。

入力したら「モバイル:スマートフォン」を選択し、「取得」をクリックします。

ワードプレスをAMP化したらサーチコンソールからインデックス登録を行います。

「取得」をクリックしたら、「インデックス登録をリクエストする」をクリックします。以上でインデックス登録は完了です。

ワードプレスをAMP化したらサーチコンソールからインデックス登録のリクエストを送信します。

あとはインデックス登録されるのを待つのみです。

2,インデックス登録されたかを確認する

Fetch as Google」からインデックス登録のリクエストを送信したら、1日くらい待って、インデックス登録されたかを確認します。確認する箇所は同じくサーチコンソール内で行います。

確認方法はまず、サーチコンソール内の「検索内での見え方」を選択し、その中にある「Accelerated Mobile Pages」をクリックします。

すると以下のような表になります。青色の線があればインデックス登録されている証拠です。逆に赤色はエラーになりまう。

ワードプレスをAMP化後、インデックス登録されたかをサーチコンソールにて確認します。

今回はご覧のように、無事にインデックス登録されたことが解りました。ワードプレスに変なカスタマイズがされていなければ、とくにエラー等はでません。もしエラーが出たら、少々、面倒臭い作業がなるのですが、今回はエラー無しなので良かったです。

3,実際にスマホで検索してAMP化されたページを見る

さて、無事にAMP化のページがインデックス登録されたようですが、でもまだ終わりではありません。実際にスマホで検索して、AMP化されたページを見てみましょう。

ここで確認すべき方法としては、検索窓にURLを入力するのではなく、実際にキーワードで検索するといいです。で、以下のように「AMP」の文字が表示されていたら、確認作業は終了です。

ワードプレスがAMP化されたかを実際に検索して確認します。

以上が、ワードプレスAMP化後にやるべき3つの事でした。

これらは確認作業となりますが、面倒くさがらずにAMP化の確認は行っていきましょう。

ワードプレスのAMP化に対する考察

ここまでワードプレスをAMP化する方法を解説してきましたが、ここから少しワードプレスのAMP化について意見を述べたいと思います。

まず、GoogleがモバイルファーストでAMP化を推奨していますが、全てのサイトにおいてAMP化はしなくてもいいと考えます。理由は、ターゲットの属性です。

例えば、モバイルで検索されることが多いコンテンツなら、AMP化は必要でしょう。しかし、パソコンで検索される事が多いコンテンツの場合は、あえてAMP化しなくてもいいと考えます。

なぜなら、AMP化されたページはかなりシンプルで、サイドバーや関連記事、ソーシャルボタンなどが表示されないためです。見た限りでは、テキストベースなので、表示速度が早いのはいいですが、サイト内の回遊率や滞在期間などは延びないかも知れませ。

なので、実際にAMP化する場合は、その辺を考えてから導入することをお勧めします。でないと、表示速度は上がったけど、アクセス数は減った、という事にもなりかねませんので。

というわけで、ワードプレスのAMP化する方法は以上です。

SPONSORED LINK