Pocket

ども、Kiyoです。

ここ数日、賢威テンプレートについて書いてきましたが、なぜこうも絶賛するのかを詳しく述べてませんでした。賢威がSEOに強いというのは否めない事実なのですが、その根拠となるのをキチンと説明していなかったわけです。

というわけで、今回は「賢威テンプレートのココが凄い!」という部分を15個紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

賢威テンプレートのココが凄い15の機能

→ 今すぐ賢威テンプレートをみたい方はこちら

目次機能がついている

賢威には目次機能がついています。

価値あるコンテンツをつくるとなるとどうしても文章が長くなってしまいます。その為、小見出しを多用したり、内容も多岐にわたったりとするわけです。

文章があまりにも長くなると読みづらく、また読んでいる方も混乱してしまいます。そこで目次機能をつかって、コンテンツの全体像を表示するのは、よい情報発信のやり方です。

ワードプレスで目次を表示するには、通常プラグインが必要ですが、賢威には目次機能がはじめからついています。

賢威の目次機能

賢威の目次機能は、選択ひとつですぐに設定が可能です。今回の記事も目次が表示されていますが、プラグインを使用せず賢威の目次機能をつかって表示しています。

キャラ設定で会話調の記事が書ける

賢威の機能にはキャラ設定というのがあります。これは話すキャラを設定して会話調で記事をかくというものです。百聞は一見にしかず。キャラ設定をつかうと以下のようになります。

kiyokiyo

やぁ、こんにちは。ワード&プレスちゃん。元気?

ワードプレスワードプレス

Kiyoのお兄ちゃん、私たちは元気だよ。今日はどうしたの?

kiyokiyo

いや実はね、今回の記事で賢威テンプレートを紹介しようと思うんだ。

ワードプレスワードプレス

それはいいね、だって賢威ってホントに凄いし、多くの人に使ってほしいと思うよ。しっかり書いてね(^^)

という具合です(笑)

このキャラ設定は画像を任意で変えられますし、文字入力も自由です。

会話調のコンテンツは、どうしても読んでしまうので、一記事の滞在期間が延びてきます。その結果、SEOにとても有利になるわけです。

キャラ設定のやり方はとても簡単で、ただコピペするだけ。プラグインも必要ないし、HTMLやCSSをいじらなくてもいい。ワードプレス初心者の方でも簡単に設定できます。

LP(ランディングページ)が作成できる

賢威テンプレートはLP(ランディングページ)も作成可能です。

ランディングページとは、一つの商品やサービスを売るためのページで、ブログ記事というよりはサイトのセールスレターに使いイメージです。ランディングページの使い方には、商品販売ページやメルマガ登録、資料請求など様々あります。

通常、ワードプレスでランディングページをつくろうとすると、プラグインが必要だったり、CSSをいじらないといけなかったり等、かなり面倒です。

しかし、賢威テンプレートにはランディングページがついており、設定はとても簡単です。また、賢威のランディングページはちょっとオシャレで、今流行りのフルスクリーンもできます。

ショートコード機能がついている

賢威テンプレートにはショートコード機能がついています。

ワードプレスを運営していると、繰り返しタグやコードを入力することもあるでしょう。賢威テンプレートのショートコード機能は、任意で設置したい場所に、あらかじめ用意しておいたショートコードを入力するだけで、目的のコンテンツを表示することができます。

試しに以下に、ショートコード機能をつかってエックスサーバーのPRをしてみたいと思います。





http://www.xserver.ne.jp/

ちゃんと綺麗に表示されていますよね。賢威のショートコード機能、本当に便利です。

OGP機能がついている

OGPとは『The Open Graph protocol』の略で、フェイスブックやmixi、Google+などのソーシャルメディアとサイトを連携させるためのものです。つまり、ソーシャルメディアでシェアされたら他の人にもそれがわかるというもの。逆に言えば、OGPを設定していないと、いくらシェアされても第三者には気づかれないということになります。

ワードプレスでOGPを設定するには、プラグインが必要です。しかし、賢威テンプレートにははじめからOGP設定があります。

賢威テンプレートのOGP設定

これでわざわざプラグインを入れて、設定しなくてもいいですね。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定が可能

賢威テンプレートにはGoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定が可能です。

Googleアナリティクスは解析機能で、ワードプレス運営には欠かせません。アクセス数やどんなキーワードでのアクセスがあるのかなど、細かに解析できます。ですが、通常のワードプレスではアナリティクス設定ができず、設定するにはやはりプラグインを導入しなければいけないわけです。

しかし、賢威は以下のようにはじめからアナリティクス設定ができるようになっています。

これはSearch Consoleでも同じです。

Search ConsoleはGoogleのサービスでこれもまたワードプレス運営に欠かせません。検索エンジンにサイト登録しなければ、いくらワードプレスを運営しても誰にも見てもらえないわけです。その為、Search Consoleの登録は必須といえます。

ですが、ワードプレスをSearch Consoleを繋げようとすると、ヘッダーにタグを挿入したり、ファイルを更新したりしなければいけません。つまり、多少CSSをいじらないといけないわけです。

しかし、賢威テンプレートでは、Googleアナリティクス同様、Search Consoleも簡単に挿入することがができます。

以下、その設定画面です。

賢威テンプレートのGoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定

この空白欄にGoogleアナリティクスのコードとSearch Consoleのタグを挿入するだけで、簡単に紐付けすることができます。このような設定があることは、ワードプレス初心者の方には嬉しいことでしょう。

SNSボタンが標準装備

賢威テンプレートにはSNSボタンが標準装備されています。

SNSボタンとは、いわゆるフェイスブックのボタンやツイッターのボタン等です。通常、ワードプレスでSNSボタンを設置しようと思ったら、プラグインが必要です。

しかし、賢威テンプレートでは以下の4つのSNSボタンを標準装備しています(以下の画像参照)。

  1. ツイッター
  2. ファイスブック
  3. はてブ
  4. Google+

賢威テンプレートのSNSボタン

もし、これ以上のSNSボタンを設置したい場合は、新たにプラグインが必要です。が、まぁ、これだけSNSボタンがあれば十分でしょう。

動画のレスポンシブをやってくれる

今やYouTubeをはじめ動画のコンテンツも普通になってきました。

ワードプレスに動画を貼ることも珍しくなく、個人で撮った動画や音楽などを貼っているのも多いでしょう。しかし、YouTubeの動画をそのままワードプレスに貼り付けると、レイアウトが崩れてしまう事もあり、そんなブログをたまに見かけます。

最近はスマホでのアクセスも多いため、ワードプレス運営者はレスポンシブに対応しなければいけません。動画をレスポンシブにするなら、やはりプラグインが必要です。仮にプラグインを導入したとしても動画を貼るときには、ちょっとしたコツがいります。そこが面倒臭いところです。

ですが、賢威テンプレートならその点も対処で済みです。何の設定もすることなく、ただ動画を貼るだけで自動でレスポンシブしてくれます。

賢威テンプレートはワードプレス初心者にとっては本当に便利なテーマです。

フッターに著作権保護を表示

ワードプレスをインストールすると、いろんなテーマがダウンロードできます。これらのほとんどは無償でデザインも様々です。

しかし1つだけ問題があります。それはフッターの表示。

ワードプレスのテーマをインストールしたら、フッターにはきまってこう記されています。

Proudly powered by WordPress

これは、ワードプレスのサイトに飛ぶリンクです。まぁ、必要ないといえば必要ないリンクですし、あるだけムダなものです。

なので、通常はこの部分に著作権保護を表示します。例えば、僕のブログで言えばフッターにある「Copyright (C) 2016 WordPress指南書 All Rights Reserved.」の部分です。

こうすることでワードプレス運営の全てを著作権保護できます。

このような表示にするには多少、CSSをいじらないといけません。まぁ、別に難しくはありませんが、ワードプレス初心者のような方は少し重荷を感じる事でしょう。

→ ワードプレスのフッターをCopyright(C)に表示する方法

ですが、賢威テンプレートはインストールするだけで、自動で著作権保護の表示をしてくれます。これは煩わしい作業をしなくてもいいということです。CSSいじりが苦手な初心者や煩わしい作業がいらない方は、賢威テンプレートを使うといいでしょう。

パン屑リストも標準装備している

SEOを有利にしてくれる1つの要因にパン屑リストがあります。

パン屑リストとは、ワードプレス内でのページの位置を、ツリー構造を持ったハイパーリンクの一覧として示すものです。つまり、今、どこのページを見ているかを知らせてくれるもの。この記事で言えば以下の画像にあるテキストをさしています。

賢威テンプレートのパン屑リスト

このパン屑リストはワードプレスのデフォルトテーマにはない機能です。ほとんどのワードプレステーマには、パン屑リストが設定されていませんので、何かとSEOでは不利な状況です。

なので、デフォルトのテーマや無料のテーマを使用するときは各自、プラグインかCSSによってパン屑リストを作成しています。まぁ、この作業がかなり面倒くさいというのはいうまでもありません。

ですが、賢威テンプレートであればはじめから設定されています。つまり賢威テンプレートをインストールするだけでパン屑リストは作成されているのです。

賢威テンプレートの導入は、著作権保護の表示同様、煩わしい作業が減るのでとても便利です。

人気記事を表示してくれる機能

賢威テンプレートには人気記事をランキングで表示する機能がついています。

論より証拠、以下の画像をみてください。

賢威テンプレートの人気記事ランキング

このように賢威テンプレートではよく読まれている人気記事をランキングで表示します。このような機能はワードプレスであればプラグインが必要です。しかし、賢威では標準装備されています。

なお、人気記事ランキングは6つほどデザインが選べますので、見た目もいろいろです。

賢威テンプレートの人気記事ランキングの設定

インデックス&ノーフォローの設定ができる

賢威テンプレートでは記事毎にインデックスとノーフォローの設定ができます。

昨今のSEOは、サイト内に価値のない記事があるとサイト品質を低くするといわれています。つまり、ワードプレス内に価値の高い記事がたくさんあった方が、サイトが高評価されるということです。

逆に言うと価値のない記事はインデックスされない方がいいわけです。その設定をしてくれるのが賢威テンプレートです。

このような機能はワードプレスのプラグインでもあまり見受けられません。なので、インデックス&ノーフォローの機能は賢威だけのものと思っても差し支えないです。SEOを強くすることに特化したワードプレスのテーマ「賢威」だからこそだと思います。

一覧表示のインデックス有無が可能

上の方でも書きましたが、価値のないページのインデックスはSEOにとって良くありません。それは一覧表示でも言える事です。

例えば、タグやアーカイブ、投稿者、検索結果ページなどはあまり価値が高いとはいえません。ですが、このようなページも放っておくとインデックスされるわけです。で、Googleがこのようなページを価値のないコンテンツと判断したら、最悪な場合、ペナルティーになる可能性もあります。

なので、一覧表示のようなページはすべてインデックスされない方がいいわけです。

賢威テンプレートでは、この一覧表示のインデックス有無を設定できます。設定できる一覧表示は、

  • カテゴリーページ
  • タグページ
  • 年月日ページ
  • 投稿者ページ
  • 検索結果ページ

です。これらのインデックス有無を設定できます。これにより、一覧ページはインデックスさせず、記事のみだけをインデックスさせ、品質を保つことも可能です。

賢威のサポート体制が凄い!

賢威テンプレートを購入すると無償でサポートがついてきます。

ワードプレスのテーマを有料で販売している所は多々ありますが、サポートがまったくダメですね。以前、T○Dたる所からワードプレスのテーマを購入したことがあるのですが、サポート体制がまったくもってなっていません。メールしても返答もしないというお粗末な会社です。

その点、賢威テンプレートはちがいますね。

賢威テンプレートはサポート体制が充実しています。購入者限定のサイトがあって、そこのフォーラムでいろいろと聞くことは可能です。

賢威テンプレートのサポート体制

しかも、内容も賢威テンプレートだけじゃなく、SEOに関する事や賢威カスタマイズのこと、ネットビジネスっていうのも相談できます。まさに至れり尽くせりです。

賢威テンプレートのサポート体制はすごい

賢威テンプレートはSEOに強いというテーマの凄さもありますが、購入者への配慮が群を抜いていると個人的には思います。

SEOマニュアルが凄い!

賢威のサポート体制のすごさを語りましたが、実はSEOマニュアルもすごいです。

賢威テンプレートのSEOマニュアル

賢威テンプレートを開発したチームはSEOに長けた人たちです。その方々から見るSEOについて、詳しく書かれています。そんじょそこらのSEOコンサルタントに聞くよりは、俄然、賢威のSEOマニュアルを読んだ方がいいですし、高額なアフィリエイト塾なんかよりは、賢威の方が100万倍いいです。

賢威のSEOマニュアルは、賢威購入者だけが得られる特典のようなものです。SEO初心者にもわかりやすい内容になっています。

SEOを一から学びたい方、これからオウンドメディアを構築したい方、プロブロガーになりたい方、アフィリエイトで稼ぎたい方にとっては、まさに指南書となるSEOマニュアルです。

また、このSEOマニュアルは毎度、刷新されていきますので、常に新しいノウハウが手にはいります。近年のGoogleのアルゴリズム変更によって、SEOマニュアルの内容も変わってきていますので、コンテンツSEOやコンテンツマーケティングに携わっているなら、是非、手元に置いておきたいマニュアルです。

賢威テンプレートを確認する

 


 

さて、賢威の凄い機能を15個紹介してきました。

これらは全てSEOに関連した機能です。例えば、目次は訪問者への配慮ですし、キャラ設定は滞在時間を長くするための機能。パン屑リストや動画のレスポンシブ、インデックス設定などは今、主流でありながら基本的なSEO対策です。

つまり、GoogleがSEOで提唱するものはすべて網羅されているといっても過言ではありません。これはワードプレスのテーマの中で群を抜いている機能でもあります。

さらに賢威にはサポートが充実していますよね。これは賢威購入者だけの特典のようなものですが。しかし、最新のSEOの情報や他の方がどんな風にサイト作成しているかを垣間見ることができます。これって究極のマーケティングではないでしょうか。

賢威テンプレートは本当におすすめのワードプレスのテーマです。僕自身がつかっているので自信をもってお勧めしているし、そこら辺のアフィリエイトだけが目的の人とは熱がちがいます(笑)。

というわけで、これからサイト構築するにあたり、コンテンツSEOやコンテンツマーケティング、オウンドメディアを運営するなら、賢威テンプレートを使うのは賢い選択です。

賢威テンプレートについては以下から確認してみてください。
↓↓
SEOに強いワードプレスのテーマ「賢威テンプレート」

賢威テンプレート
画像引用:https://www.seo-keni.jp/
Pocket

SPONSORED LINK