URL表記を「.html」にする手順

ワードプレスのURLをhtmlにする方法

ワードプレスの記事を更新した場合、デフォルトのURL表記は「%」とか「?」など、訳の分からない文字で表記される。これはSEOにとって不利なので変更したほうがいい。

URL表記はワードプレス内にあるパーマリンク設定で変更が可能だ。パーマリンク設定で変更できるURLは以下の通り。

  • 基本
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

デフォルトではパーマリンクが「基本」という設定になっているので、それ以外のものを選択するようにしよう。僕のお薦めは「カスタム構造」の方だ。今回はパーマリンク設定をカスタム構造に限定して解説していく。

ワードプレスのURLをhtmlにする方法

パーマリンク設定を「.html」にする理由

カスタム構造にはいろいろ設定方法があるが、今回はURL表記を「.html」にする。というのは、「.html」の方がSEOには有利だと思うからだ。まぁ、これは絶対ではなく個人的な感想なので、正解ではないけれど。ただ、このURL表記の方がブログではなくサイトっぽいイメージを与えるし、SNSでシェアされやすいと思うからだ。

因みに、この「.html」の表記はHTMLファイルで作成されたサイトをワードプレスに移行する時にも役立つ。つまり、HTMLで作成したサイトは通常「○○○.html」となるが、これをワードプレスに移行した場合でもURLをそのまま引き継ぐことができるのだ。

これはブックマークしていた人にとっては有り難いことだし、サイト評価も持続できるというわけだ。まあ、その辺はサイト運営の方向性によると思うので、自由にしてしまって構わないのだけど。僕の「WordPress指南書」では「.html」の表記で統一していきたい。というわけで、以下からその「.html」にするパーマリンク設定の手順を紹介していく。

ワードプレスのURL表記を「.html」にする手順

ワードプレスのURL表記を「.html」にする手順はいたって簡単だ。まずワードプレス管理画面(ダッシュボード)から「設定」をクリックし、次に「パーマリンク設定」を選択する。

設定 > パーマリンク設定

この中にある「カスタム構造」のボタンを選択をして「/%postname%.html」と入力し「変更を保存」をクリック

/%postname%.html

この設定で「記事のタイトル」と「.html」という表記になる。もしも、カテゴリーも表記したい場合、「カスタム構造」の表記は以下のようになる。

/%category%/%postname%.html

個別ページも「.html」にする!

上の設定だけでも「.html」になるのだが、これは投稿記事のみの設定だ。ワードプレスには個別ページもあるので、それも「.html」に設定するには、プラグインを導入するといい。

個別ページのURL表記を「.html」にするプラグインは以下のものだ。

プラグイン名:.html on PAGES

このプラグインをインストールし、有効化すれば完了だ。ワードプレスを個別ページの「.html」表記で構成したいなら、必須のプラグインなので覚えておくといいだろう。

SPONSORED LINK

SNSでもご購読できます。